また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

HOME > 今月のおすすめルート > 鬼ヶ岳から王岳
ルートID: r57 初級 日帰り 富士・御坂 2016年11月

鬼ヶ岳から王岳
おにがたけ / おうだけ

濃い緑山行に最も適した時期 薄い緑山行に適した時期
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
御坂山塊を甲府方面から眺めると、一際目に付くのが王岳。これに鬼ケ岳を加えた歩き応えのあるワンディハイキングコースです。
※公開日:2016年11月01日
ルート長9.5km
登り標高差822m
下り標高差822m
行程概要: 魚眠荘前バス停 → 東入川砂防堤公園 → 雪頭ヶ岳(1710m) → 鬼ヶ岳(1738m) → 鍵掛峠(1512m) → 鍵掛(1589m) → 王岳(1623.4m) → 王岳登山口 → 西湖根場浜駐車場 → 魚眠荘前バス停
Web Services by Yahoo! JAPAN

【御坂山塊】鬼ヶ岳・王岳の詳細解説

\ おすすめポイント /
  • 富士山の大展望
  • 富士山麓の雄大な景観
  • 変化に富んだ縦走路
モデルプラン
1日目
歩行時間:7時間10
根場〜堰堤広場〜雪頭ヶ岳〜鬼ヶ岳〜鍵掛峠〜鍵掛〜王岳〜根場
計画書提出先 山梨県警察本部または富士吉田警察署地域課
※登山口に登山計画書提出ポストあり
宿泊 なし
交通 富士急行線富士山駅より富士急行バス(西湖民宿行き:780円)にて根場民宿バス停へ。
※新宿からの直通バスも運行されている。
駐車場 根場に登山者専用の無料駐車場あり
アドバイス 展望に優れた山なので天気を読んで晴天時に山行したい。
登山道はよく整備されている。
部分的に岩場や梯子があるので転落や滑落には注意すること。
サブコース 逆コースでも大差は無いが岩場が下りになるのでおすすめしない。
エスケープルート 鍵掛峠から根場へ下ることができる。
入浴 《いずみの湯》
駐車場からほど近い距離にある日帰り温泉施設。
http://www.hamayouresort.com/hotspa/izumi/
おすすめ周辺情報 《彩呼亭》
手作りの蕎麦が美味しいお店。西湖の湖畔にあり展望も最高だ。
http://www.saikotei.net/
《シャンテ・ルヴォン》
ここのカレーは絶品。カレー好きなら1度行ってみては?
https://goo.gl/maps/JmHRotzFNqN2
1
魚眠荘の前にある登山者用の駐車場。
ここに停めて登山開始。
2
駐車場のすぐそばに鬼ヶ岳方面への道標がある。
3
魚眠荘の脇から車道を進むと鬼ヶ岳登山口に到着だ。
ここからしばらくは未舗装の林道が続く。
4
林道の終点となる堰堤広場に到着。
右手が登山道入口だ。
5
序盤は杉の植林地を進む。
出だしは急なので焦らず登ろう。
6
植林地を抜けるとブナ原生林へ。
この辺りから傾斜もひと段落して歩きやすくなる。
7
気持ちの良い道をたどると眼下に西湖を従えた富士山が目に飛び込む。
雪冠が美しい。
8
富士山頂をアップで。
9
ザレた急斜面を登ると雪頭ヶ岳に到着だ。
ここは山頂と言うよりも尾根の肩の様なところだ。ちょっとした広さがあるので鬼ヶ岳よりここで休憩を取った方がよい。
10
雪頭ヶ岳から鬼ヶ岳へ向かう。
11
鬼ヶ岳手前のピークに掛かる梯子。
ちょっとした高度感がある。
12
梯子を登りヤセた岩尾根をたどる。
足元に要注意。
13
鬼ヶ岳に到着。
見渡す限りの大パノラマ。
14
山頂からは細かなアップダウンが続くがやがて大きく下るようになる。
岩場もあるがロープが設置されているので安心だ。
15
約1時間ほどで鍵掛峠に到着。
悪天候時などにはここから根場へエスケープできる。
16
鍵掛峠の眼下には富士の青木ヶ原樹海が広がる。
17
鍵掛峠より登り返したピークが鍵掛だ。
18
鍵掛から王岳までは細かなアップダウンが連続する。
19
王岳山頂の手前は雑木林の気持ちの良い尾根が続く。
20
最後に急な斜面を登れば王岳の山頂だ。
21
山頂は狭いがここからの富士山は素晴らしい。
22
根場への下りは快適だがこの看板を見落とさないように。
ここは左へ折れる。
23
根場へ向けて快適に下る。
24
林道に出てしばらく歩けば根場集落に到着。
あとは駐車場までわずかな距離だ。
25
【入浴】
駐車場からほど近い距離にあるいずみの湯。
26
【おすすめ周辺情報】
手打ちの韃靼蕎麦が美味しい彩呼亭。
湖畔にあるので展望も抜群。
27
【おすすめ周辺情報】
シャンテ・ルヴォンのカレーは絶品。
カレー好きなら1度はお試しあれ。
※上記の情報は記事公開日(2016年11月01日)時点の情報です。最新の情報については、出発前に現地の各関係機関にお問い合わせいただく事をおすすめします。

※本記事内にて各山域に生息する動植物の紹介を行う場合がありますが、自然保護区域への立ち入りや希少生物の採取・捕獲・譲渡・販売等は、法令により禁じられています。多くの方が自然を楽しみながら登山ができるよう、動植物の保護にもご協力ください。

このルートで登る山/通過する場所

ページの先頭へ