Yamareco

山岳遭難捜索救助チーム 岳飛 Official GACT-Rescue

行方不明 山岳捜索 手順

MOUNTAIN + SEARCH & RESCUE



ご家族が対応
遭難事故発生に気づく
最寄りの警察署へ捜索願提出
(家族ができる情報収集・情報提供)
警察が対応
登山地域管轄警察署へ通報 民間組織へ相談(GACT)
GACTへ捜索を依頼する
080-8911-5731(担当 太田)
民間捜索隊GACTが対応
登山口確認
登山届・車・目撃情報収集
GACT
民間捜索チーム人員手配
警察と連携・山岳保険確認
捜索計画を検討
(警察・消防・行政 人員 捜索)
GACT
地上隊・ドローン・ヘリコプター
手配と調整
警察・消防・行政
での捜索開始
GACT
捜索活動開始
沢・岩場・道迷いポイント
捜索に携わる全組織が対応
遭難した行方不明者の発見
救助・救出

警察・消防での捜索打切り後もGACT民間捜索は継続することができます



ご相談・お問い合わせ



弊社は民間として山岳遭難・行方不明者の捜索・救助活動
または災害地での救援活動を行っています。




ご相談・お問い合わせ(日中のみ)

080-8911-5731

(担当:太田)

ご相談・捜索のご依頼はこちらから(24H受付)




ご家族が行方不明になられているという方は
ご相談だけ(無料)でも結構ですのでご連絡ください。
捜索方法や情報収集など、何かのお役に立てると思います。




民間捜索救助隊費用の目安
1名1日 40000円×日数人数
ドローン使用 1日 60000円〜(機体により)
その他・移動、交通、宿泊などかかる経費



捜索のご相談をいただくと、GACT担当者から、ご家族にできる対応方法や
情報収集方法をお伝えしますのでご協力をお願いします。

●情報収集ポイント
登山届・登山目的・過去の登山経験・持ち物・服装・メモなど
スマホやPCからの情報収集、警察へ依頼する情報収集・携帯電話通信記録
防犯カメラ・目撃情報など

また、ご心配なこと、山岳保険や警察消防への対応方法などご家族の立場に立って
アドバイスや対応をさせていただきます。

民間組織を使う場合は、費用がかかります。人員や捜索方法などの規模により
費用は変わりますのでその都度、費用面のお見積りをご案内させていただきます。

ご家族様で、山岳保険の有無、予め初期捜索のご予算などを決めていただけると
敏速な対応が可能です。




組織名称:山岳遭難捜索チーム 岳飛(がくと) GACT

所在地: 長野県安曇野市穂高有明2186-117 株式会社バックカントリー
連絡先: 080-8911-5731
MAIL: gact110@gmail.com
公式サイト: http://www.northernalps.jp
代表者: 太田 毅彦(おおた たけひこ)

メンバー: 日本山岳ガイド協会、北アルプス山岳遭難対策協会所属の有志の集まり




ページの先頭へ