ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 5254064
全員に公開
雪山ハイキング
鳥海山

中島台・1148ピークまで

2023年03月11日(土) [日帰り]
 - 拍手
体力度
3
日帰りが可能
GPS
07:41
距離
16.0km
登り
793m
下り
788m
歩くペース
ゆっくり
1.21.3
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
6:05
休憩
1:35
合計
7:40
6:30
60
スタート地点
7:30
7:35
55
溶岩端
8:30
8:40
100
竜巻倒木地
10:20
11:30
70
1148ピーク
12:40
12:50
80
竜巻倒木地
14:10
ゴール地点
天候 霞み晴れ
過去天気図(気象庁) 2023年03月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
林道は鳥越川取水施設へ下る道の手前まで除雪されてました。
コース状況/
危険箇所等
溶岩端〜竜巻倒木地まではルーファイしっかりと。
いつものとこからスタート。
2023年03月11日 06:27撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 6:27
いつものとこからスタート。
左へ行きますが、除雪されてるのは初めて。
2023年03月11日 06:34撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 6:34
左へ行きますが、除雪されてるのは初めて。
今回の積雪量。(左の建物の屋根をいつも目安にしてた)
2023年03月11日 06:38撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 6:38
今回の積雪量。(左の建物の屋根をいつも目安にしてた)
眺望地の堰堤から。
2023年03月11日 06:49撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
5
3/11 6:49
眺望地の堰堤から。
除雪終点。
2023年03月11日 07:02撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
3
3/11 7:02
除雪終点。
ツボで少し歩くが、キャタピラ跡以外は沈むので、こっからスノーシュー。
2023年03月11日 07:13撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 7:13
ツボで少し歩くが、キャタピラ跡以外は沈むので、こっからスノーシュー。
水路を超える。
2023年03月11日 07:20撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 7:20
水路を超える。
ここらしいブナがアチコチ。
2023年03月11日 07:26撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
4
3/11 7:26
ここらしいブナがアチコチ。
溶岩端で一服後少しだけ気合を入れて登ります。
2023年03月11日 07:37撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 7:37
溶岩端で一服後少しだけ気合を入れて登ります。
なんか「パワー!」って感じがする。
2023年03月11日 07:48撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
4
3/11 7:48
なんか「パワー!」って感じがする。
進む根開き。
2023年03月11日 07:52撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
6
3/11 7:52
進む根開き。
沢筋の穴。
2023年03月11日 08:06撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 8:06
沢筋の穴。
先回の自分のトレースを追うつもりだったが、スマホの操作を誤り、いっぱいあるスキートレースの中から先行のスノーシューのトレースを探して進む。
2023年03月11日 08:11撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
3
3/11 8:11
先回の自分のトレースを追うつもりだったが、スマホの操作を誤り、いっぱいあるスキートレースの中から先行のスノーシューのトレースを探して進む。
コブいっぱい。
2023年03月11日 08:30撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
4
3/11 8:30
コブいっぱい。
竜巻倒木地手前で一服。
2023年03月11日 08:42撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 8:42
竜巻倒木地手前で一服。
竜巻倒木地を登る。
2023年03月11日 08:43撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 8:43
竜巻倒木地を登る。
登る途中振り返って、ヤドリギとにかほ市。
2023年03月11日 08:44撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
4
3/11 8:44
登る途中振り返って、ヤドリギとにかほ市。
ブナ林の奥に唐吹長峰
2023年03月11日 09:07撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 9:07
ブナ林の奥に唐吹長峰
眺望地からお山。
2023年03月11日 09:11撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
11
3/11 9:11
眺望地からお山。
細尾根はこんな感じ。サイドにクラックが見える。
2023年03月11日 09:16撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 9:16
細尾根はこんな感じ。サイドにクラックが見える。
トレース脇にもクラック。
2023年03月11日 09:16撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 9:16
トレース脇にもクラック。
キター!やっぱココはコレでしょ。(1っか所パノラマ合成失敗してますが、雰囲気を味わっていただければ)
2023年03月11日 09:23撮影
7
3/11 9:23
キター!やっぱココはコレでしょ。(1っか所パノラマ合成失敗してますが、雰囲気を味わっていただければ)
どう撮っても画になる
2023年03月11日 09:26撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
4
3/11 9:26
どう撮っても画になる
良い景色が続く。
2023年03月11日 09:39撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
5
3/11 9:39
良い景色が続く。
振り返ってもナイス。
2023年03月11日 09:45撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
4
3/11 9:45
振り返ってもナイス。
逆光だけど、気にしない。
2023年03月11日 10:09撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
6
3/11 10:09
逆光だけど、気にしない。
今日一のお気に入り。
2023年03月11日 10:21撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
9
3/11 10:21
今日一のお気に入り。
今日の山頂1148ピーク。
2023年03月11日 10:22撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 10:22
今日の山頂1148ピーク。
からの北の眺め。保呂羽山がかろうじてわかる程度の視程。
2023年03月11日 10:27撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
3
3/11 10:27
からの北の眺め。保呂羽山がかろうじてわかる程度の視程。
スマホ撮り。
2023年03月11日 10:30撮影 by  QCAM-AA, QCOM-AA
5
3/11 10:30
スマホ撮り。
岩と稲倉岳。この岩に乗ってくつろぐ。
2023年03月11日 10:31撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
3
3/11 10:31
岩と稲倉岳。この岩に乗ってくつろぐ。
御田ヶ原方面。小さく山頂を目指すBCスキーヤーが見える
2023年03月11日 10:42撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
6
3/11 10:42
御田ヶ原方面。小さく山頂を目指すBCスキーヤーが見える
七五三掛方面。
2023年03月11日 10:55撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
4
3/11 10:55
七五三掛方面。
P1148から真北の台地。
2023年03月11日 11:17撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
3
3/11 11:17
P1148から真北の台地。
同じくP905付近のカール。
2023年03月11日 11:18撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
3
3/11 11:18
同じくP905付近のカール。
同じくお山。
2023年03月11日 11:28撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
4
3/11 11:28
同じくお山。
下山開始。稲倉岳。
2023年03月11日 11:29撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 11:29
下山開始。稲倉岳。
ズームアップ。この天気なので、きっと登ってる方はいると思うのだが、人影は見えない。
2023年03月11日 11:29撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
4
3/11 11:29
ズームアップ。この天気なので、きっと登ってる方はいると思うのだが、人影は見えない。
振り向いて
2023年03月11日 11:33撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
3
3/11 11:33
振り向いて
鳥海山〜稲倉岳のパノラマ。
2023年03月11日 11:39撮影
4
3/11 11:39
鳥海山〜稲倉岳のパノラマ。
ワンポイント入れて稲倉岳。
2023年03月11日 11:42撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
3
3/11 11:42
ワンポイント入れて稲倉岳。
ワンポイント入れて鳥海山。左の黒ブチのもっこりがP1148。
2023年03月11日 11:42撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
4
3/11 11:42
ワンポイント入れて鳥海山。左の黒ブチのもっこりがP1148。
いいね〜。
2023年03月11日 11:53撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 11:53
いいね〜。
帰りもパノラマ。
2023年03月11日 11:57撮影
4
3/11 11:57
帰りもパノラマ。
往路で同じの撮ったな。
2023年03月11日 12:06撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
4
3/11 12:06
往路で同じの撮ったな。
痩せ尾根。
2023年03月11日 12:12撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 12:12
痩せ尾根。
眺望地から名残惜しむ。
2023年03月11日 12:16撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
5
3/11 12:16
眺望地から名残惜しむ。
ブナ林。
2023年03月11日 12:27撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 12:27
ブナ林。
ヤドリギいっぱい。
2023年03月11日 12:34撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 12:34
ヤドリギいっぱい。
帰路も竜巻倒木地で一服。
2023年03月11日 12:36撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
1
3/11 12:36
帰路も竜巻倒木地で一服。
コブいっぱい。
2023年03月11日 12:51撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
1
3/11 12:51
コブいっぱい。
ヤドリギの芽?
2023年03月11日 12:52撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
1
3/11 12:52
ヤドリギの芽?
様々なブナの表情を愛でながら歩く。
2023年03月11日 13:07撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
1
3/11 13:07
様々なブナの表情を愛でながら歩く。
こんなのや、
2023年03月11日 13:11撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
1
3/11 13:11
こんなのや、
こんなの。
2023年03月11日 13:14撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 13:14
こんなの。
寄り添い感。
2023年03月11日 13:17撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
1
3/11 13:17
寄り添い感。
ハートも。
2023年03月11日 13:19撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
6
3/11 13:19
ハートも。
毎回撮るコブコブ。
2023年03月11日 13:21撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
1
3/11 13:21
毎回撮るコブコブ。
根開き。
2023年03月11日 13:20撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 13:20
根開き。
溶岩端を下って、
2023年03月11日 13:25撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
1
3/11 13:25
溶岩端を下って、
除雪端まで戻った。スノーシュー外し身軽になる。
2023年03月11日 13:41撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
2
3/11 13:41
除雪端まで戻った。スノーシュー外し身軽になる。
帰りも寄る堰堤眺望地。
2023年03月11日 13:54撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
6
3/11 13:54
帰りも寄る堰堤眺望地。
稲倉岳。
2023年03月11日 13:54撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
3
3/11 13:54
稲倉岳。
ただいま〜。
2023年03月11日 14:10撮影 by  X-Pro3, FUJIFILM
3
3/11 14:10
ただいま〜。

感想

今週末も天気が良いので、このところの春めく天気に雪は
だいぶ溶けたけど、P905からの白い台地のパノラマ眺めに
二年ぶりの中島台へ行ってきました。

春霞の青空で遠方の眺めはなかったけど、ここならではの絶景は、
やはり格別ですね。
先々回はP905まで、先回は県境までだったので、少しでも先へ行けたら
と思い今回は1148ピークまで歩きました。
ただここから先は、ヘタレオヤジには厳しそうだし、もちろん山頂まで
行けるスキルもスタミナもないので、今後も中島台の山頂はここかな〜
なんて思いました。

ピークでまったりしながら稲倉岳をず〜っと見てたけど人影が見当たらず
端っこまで来てくれないと見えないのかな〜とか思いましたが、どうなんだろう?

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:159人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら