ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 5563325
全員に公開
ハイキング
甲信越

超久し振りに出湯登山口から五頭山へ

2023年05月31日(水) [日帰り]
 - 拍手
phk55 その他1人
体力度
3
日帰りが可能
GPS
06:57
距離
11.2km
登り
1,049m
下り
1,038m
歩くペース
速い
0.80.9
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
5:39
休憩
1:18
合計
6:57
7:25
140
スタート地点
9:45
10:08
6
10:14
10:18
5
10:23
10:26
7
10:33
10:36
6
10:42
10:42
18
11:00
11:05
15
11:20
11:20
5
11:25
11:25
5
11:30
11:31
4
11:35
11:35
4
11:39
12:18
124
14:22
ゴール地点
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2023年05月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
五ノ峰コース入口です。
五ノ峰コース入口です。
途中に山の神がありました。
途中に山の神がありました。
砂郷沢出合です。ここから登山道になります。
砂郷沢出合です。ここから登山道になります。
橋を渡ると直ぐに一合目。
橋を渡ると直ぐに一合目。
杉林の中を行きます。
杉林の中を行きます。
それほどの急斜面ではありません。
それほどの急斜面ではありません。
二合目に出ました。
二合目に出ました。
こんなところもありました。
こんなところもありました。
フタリシズカが咲いていたのは、ここだけでした。
フタリシズカが咲いていたのは、ここだけでした。
左は直登、右は巻き道になっていました。
左は直登、右は巻き道になっていました。
四合目です。三合目は見落としました(^^ゞ
四合目です。三合目は見落としました(^^ゞ
烏帽子岩から弥彦山、角田山、佐渡が見えました。
烏帽子岩から弥彦山、角田山、佐渡が見えました。
烏帽子岩
ここが五合目になっています。
ここが五合目になっています。
少し行くと観音様が居りました。
少し行くと観音様が居りました。
タニウツギ
六合目でスキー場コースと合流します。ここから先は、いつも歩いている道です。
1
六合目でスキー場コースと合流します。ここから先は、いつも歩いている道です。
五ノ峰手前の親子地蔵です。作られた年代も作者も分かりません
(-_-;)
1
五ノ峰手前の親子地蔵です。作られた年代も作者も分かりません
(-_-;)
五ノ峰の友情の鐘と地蔵菩薩です。
1
五ノ峰の友情の鐘と地蔵菩薩です。
ここからの景色は格別です。
1
ここからの景色は格別です。
ウラジロヨウラク
ウラジロヨウラク
四ノ峰です。普段は寄らない四ノ峰と二ノ峰にも寄りました。
四ノ峰です。普段は寄らない四ノ峰と二ノ峰にも寄りました。
毘沙門天が安置されています。
毘沙門天が安置されています。
三ノ峰には不動明王。
三ノ峰には不動明王。
二ノ峰には優しいお顔の薬師如来です。
二ノ峰には優しいお顔の薬師如来です。
一ノ峰は観世音菩薩。
1
一ノ峰は観世音菩薩。
周りの山々が見渡せる前一ノ峰です。
1
周りの山々が見渡せる前一ノ峰です。
飯豊連峰と二王子岳。手前左は五頭山三角点。
飯豊連峰と二王子岳。手前左は五頭山三角点。
ツクバネソウ
五頭山三角点
こんなところにサギ草が咲くようです。
1
こんなところにサギ草が咲くようです。
磐梯山が見えました。
1
磐梯山が見えました。
キジムシロ
前一ノ峰へ戻って菱ヶ岳への縦走路。
前一ノ峰へ戻って菱ヶ岳への縦走路。
朝は萎んでいたシャガが開いていました。
朝は萎んでいたシャガが開いていました。
ハナニガナ
砂郷沢出合まで戻りました。この橋は「ゆうき橋」と言うようです。
砂郷沢出合まで戻りました。この橋は「ゆうき橋」と言うようです。
やまびこ通りに出ました。
やまびこ通りに出ました。
砂郷沢駐車場には、予想より多くの車が停まっていました。今でもここから登る人は、そこそこいるようですね。
砂郷沢駐車場には、予想より多くの車が停まっていました。今でもここから登る人は、そこそこいるようですね。
今日採ったササです。パートナーが毎年笹団子を作ってくれます(*^^*)
2
今日採ったササです。パートナーが毎年笹団子を作ってくれます(*^^*)

感想

今回は、五頭山麓の羽黒歓迎塔の清水を汲みに来ました。
前2回とも、菱ヶ岳〜五頭山〜スキー場を歩いているので他を考えましたが、松平山登山口の魚止めの滝に架かる橋が通行止めになっているので、超久し振りに出湯登山口から登ってみることにしました。

調べてみると、最後に出湯から登ったのは、約10年前の2013年07月28日でした。五頭山は、真夏の猛暑の時期以外は年中登っており、その中でも菱ヶ岳〜五頭山〜スキー場コースが最多で、往復になる出湯コースは敬遠していました。

昔は、出湯コースがメインルートだったようですが、現在は三ノ峰コースの方が、圧倒的に登山者が多いです。私達は、人の多い三ノ峰コースは、年に1〜2回しか歩いていませんが(^^ゞ

登山口駐車場から避難小屋のある三ノ峰分岐までの距離は、出湯コースとスキー場コースはほぼ同じでした。三ノ峰コースは、1Kmほど短いです。
但し、登山口の標高は、出湯コースの方が100mほど低いです。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:164人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら