また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > ヤマレコのおすすめルート > 大台ヶ原 【日本百名山 No.90】
ルートID: r1203 入門 日帰り 大台ケ原・大杉谷・高見山 日本百名山

大台ヶ原 【日本百名山 No.90】
おおだいがはら

濃い緑山行に最も適した時期 薄い緑山行に適した時期
1月
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月
11月
12月
国内でも屈指の多雨地帯。
その恩恵を受けて豊かな自然が育まれ、日本百名山の他に「日本百景」や「日本の秘境100選」「ユネスコエコパーク」にも選出されています。
初心者でもハイキング気分で山歩きを楽しめる、近畿地方を代表する秀峰です。
※2020年11月10日更新
ルート長7km
登り標高差121m
下り標高差121m
行程概要: 展望台分岐(1655m) → 大台ヶ原山(1695m) → 展望台分岐(1655m) → 正木ヶ原(1630m) → 尾鷲辻(1578m) → 本ゴヤ嶺(1593m) → 牛石ヶ原 → 大蛇分岐 → シオカラ谷吊橋

【大台ヶ原南部】大台ヶ原の詳細解説

\ おすすめポイント /
  • 山頂や稜線からの大パノラマ
  • 春のシャクナゲは一見の価値あり
  • 日本百名山
モデルプラン
1日目
歩行時間:3時間40
大台ヶ原ビジターセンター〜日出ヶ岳〜尾鷲辻〜大蛇堯船轡カラ谷〜大台ヶ原ビジターセンター
登山計画書作成 《ヤマレコらくルート》
http://yamare.co/6QEOno
山と高原地図 《ヤマプラ》
http://yamare.co/h7Qlje
コース概要 大台ヶ原ビジターセンター脇の東大台登山口から歩き始める。日出ヶ岳までは標高差で100m強の手軽なハイキングだ。
緩やかに登って行けば展望台がある主稜線上へとたどり着く。
ここから日出ヶ岳はわずかな距離で往復が可能だ。
展望台へと戻り、正木ヶ原方面へと向かう。木道は歩きやすいが濡れていると滑りやすいので注意が必要だ。
正木嶺を通過して下れば正木ヶ原、さらに進めば尾鷲辻へと導かれる。
ここからは大蛇瑤悗噺かう。
牛石ヶ原を越えて分岐を左手に進めば、圧倒的な高度感で尾根の先端に突き出す大蛇瑤謀着する。
転落しないよう十分に注意したい。
あとはシオカラ谷への分岐まで戻り、大きく下って吊橋を渡れば大台ヶ原ビジターセンターへの登り返しとなる。
周回コースでも4時間程度で歩くことができるので、初心者を含めたパーティーでも十分に楽しめるだろう。
計画書提出先 奈良県警察本部または吉野警察署地域課
※登山口に登山計画書提出ポストあり。
宿泊 なし。
交通 近鉄吉野線大和上市駅より奈良交通バス(大台ヶ原行き:2,050円)にて大台ヶ原バス停へ。
駐車場 大台ヶ原ビジターセンターに無料駐車場あり。
アドバイス 盛夏の時期は湿地を中心にヒルが生息しているので対策を施そう。
登山道はよく整備されており問題となる箇所はない。
サブコース 西大台と組み合わせると充実したコース取りとなる。
(要許可制)
エスケープルート 特になし。
入浴 《小処温泉》
秘湯という言葉が相応しい日帰り温泉施設。アプローチに難がありますが施設は清潔で泉質もよく秘境感満点。
https://goo.gl/maps/Ayud8Ymm49oR76Vz5
おすすめ周辺情報 《大滝茶屋》
奈良県南部の名物「柿の葉寿司」の店。様々な種類の柿の葉寿司を店内でいただくことができる。
https://goo.gl/maps/wsjcVoayK2xWjygF9
《Open Cafe 秀》
ライダーに人気のオープンカフェ。ここの「焼きそば定食」はファンが多く満足度が高い一品だ。
https://www.instagram.com/open_cafe_hide/
《馬酔木》
リーズナブルでボリューミーな美味しい焼肉が楽しめる。週末は地元の方で混雑するので早めに到着したい。
https://goo.gl/maps/3xNyrmrL3CNQSw766
《シーズン》
国道沿いにあるレストラン。海老フライやしょうが焼きなどの定食類が充実している。
https://goo.gl/maps/grEgHNX3FqucTgYW8
《くにす食堂》
古民家を改装したちょっと洒落たカフェ。落ち着いた雰囲気の店内では素朴な味わいのスイーツが楽しめる。
https://www.facebook.com/kunisusyokudo/
1
大台ヶ原ビジターセンター脇にある東大台登山口から歩き始める。
ここの駐車場は満車になることが多いので早めに到着することを心掛けよう。
2
登山口からよく整備された道を緩やかに登っていく。
主稜線までの標高差は100mにも満たない。
3
歩き始めから30分ほどで日出ヶ岳と正木嶺との鞍部にたどり着く。
4
鞍部には展望台があり休憩適地となっている。
ここからは尾鷲から熊野灘を一望できる。
5
鞍部からは木段の道を山頂に向けて登っていく。
週末などはすれ違いで混雑することがある。
6
展望台から10分ほどの登りで日出ヶ岳の山頂に到着する。
ここが日本百名山で言うところの大台ヶ原だ。
7
山頂の展望台からは大パノラマを楽しむことができる。
真東に連なる大峰山脈。
大普賢岳から釈迦ヶ岳など大峰奥駆の山々を望む。
8
日出ヶ岳の山頂から展望台の鞍部まで戻り正木ヶ原方面に向かう。
9
木道を緩やかに登れば正木嶺(正木峠)を通過する。
10
正木嶺からは大台ヶ原の特徴とも言える立ち枯れ風景の中を下っていく。
11
やがて木道から地道に変わり笹原の平坦地を歩くようになる。
12
日出ヶ岳から30分ほどで正木ヶ原に到着する。
周辺には立ち枯れて木々が乱立し独特な雰囲気を醸し出している。
13
正木ヶ原からさに10分ほど進めば東屋が建つ尾鷲辻にたどり着く。
ここは台高山脈の尾鷲道との分岐点になっている。
14
尾鷲辻からはほぼ平坦な道を牛石ヶ原へと向かう。
15
尾鷲辻から15分ほど進めば笹原が美しい牛石ヶ原だ。
16
牛石ヶ原からわずかな距離で大蛇瑤肇轡カラ谷方面との分岐を通過する。
17
分岐から進むと鉄製の橋を渡り木製の階段を登る。
ここが大蛇瑤瞭口だ。
18
大蛇瑤寮菽爾悗蝋眦抓兇里△訌蕕擦心簇根を下っていく。
週末などは渋滞することもあるので足元には十分注意しよう。
19
猛烈な高度感を伴う大蛇堯
正面には大峰山脈や千石堯蒸篭瑤覆匹竜霏腓粉箴譴鯔召燹
20
大蛇瑤ら分岐へと戻り急な下りをシオカラ谷方面へ向かう。
5月にはシャクナゲが咲き誇る美しいところだ。
21
分岐から30分ほど下るとシオカラ谷の吊橋を渡る。
ここは河原に降りることもできるので一休みするといいだろう。
22
シオカラ谷からビジターセンターまでは40分ほどの登りだ。
ここは石段が続く急な登りが続く。
23
やがて傾斜が緩まれば間もなく大台ヶ原ビジターセンターに到着する。
24
日出ヶ岳から周回のコースを回っても4時間ほどで帰着することができる。
25
【入浴】
「小処温泉」は秘湯という言葉が相応しい日帰り温泉施設。
アプローチに難がありますが施設は清潔で泉質もよく秘境感満点。
26
【おすすめ周辺情報】
「大滝茶屋」は奈良県南部の名物「柿の葉寿司」の店。
様々な種類の柿の葉寿司を店内でいただくことができる。
27
【おすすめ周辺情報】
「Open Cafe 秀」はライダーに人気のオープンカフェ。
ここの「焼きそば定食」はファンが多く満足度が高い一品だ。
28
【おすすめ周辺情報】
「馬酔木」ではリーズナブルでボリューミーな美味しい焼肉が楽しめる。
週末は地元の方で混雑するので早めに到着したい。
29
【おすすめ周辺情報】
「シーズン」は国道沿いにあるレストラン。
海老フライやしょうが焼きなどの定食類が充実している。
30
【おすすめ周辺情報】
「くにす食堂」は古民家を改装したちょっと洒落たカフェ。
落ち着いた雰囲気の店内では素朴な味わいのスイーツが楽しめる。
※上記の情報は記事更新日(2020年11月10日)時点の情報です。最新の情報については、出発前に現地の各関係機関にお問い合わせいただく事をおすすめします。

※本記事内にて各山域に生息する動植物の紹介を行う場合がありますが、自然保護区域への立ち入りや希少生物の採取・捕獲・譲渡・販売等は、法令により禁じられています。多くの方が自然を楽しみながら登山ができるよう、動植物の保護にもご協力ください。
お気に入り登録-

このルートで登る山/通過する場所

ページの先頭へ