また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

牛奥ノ雁ヶ腹摺山(うしおくのがんがはらすりやま) / ガンノハラスリ・オッタテ

最終更新:canomatec
基本情報
標高 1990m
場所 北緯35度42分21秒, 東経138度51分24秒
カシミール3D
秀麗富嶽十二景 二番山頂
山頂は展望が開けていて、なだらかに広いので休憩ポイントに適している。

牛奥ノ雁ヶ腹摺山は、小金沢連嶺の中央部に位置する山で、富士山はもちろん、甲府盆地を一望でき、晴天なら南アルプスや八ヶ岳、金峰山なども観ることができます。
この山の名前は、日本で最も長い名前の山としても知られています。音数で14音もあります。文字数では二百名山のカムイエクウチカウシ山に及びませんが、音数では勝っています。近隣には雁ヶ腹摺山と名のつく山が二つあります。いずれも、地域の人々に愛された山であったことを窺わせます。
山頂
展望ポイント 富士山、黒岳 など

山の解説 - [出典:Wikipedia]

牛奥ノ雁ヶ腹摺山(うしおくのがんがはらすりやま)は、山梨県大月市と甲州市の境にある山。標高は1,990メートル。
大菩薩嶺の南にある小金沢山の更に南に位置する小金沢連嶺の山である。
山頂は、北側の小金沢山と共に富士山の眺望に優れる秀麗富嶽十二景の一つとして選ばれている。
また、日本で最も名前の長い山である。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

おすすめルート

  • 1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    容易なアクセスで人気が高い大菩薩嶺と、気持ちの良い笹原歩きが楽しい牛奥雁ヶ腹摺山に登るハイキングルート。 歩いていて気持ちの良い尾根道は富士山や南アルプス・道志山系の展望に優れています。
  • 1月
    2月
    3月
    4月
    5月
    6月
    7月
    8月
    9月
    10月
    11月
    12月
    2つの「雁ヶ腹摺山」をめぐる山旅。 「雁ヶ腹摺山」は旧500円札の富士山が描かれた場所として知られ「牛奥ノ雁ヶ腹摺山」は気持ちのよいカヤト原が広がる秀峰。首都圏からのアクセスにも優れており、週末の日帰り登山に最適なルートです。

「牛奥ノ雁ヶ腹摺山」 に関連する記録(最新10件)

関東
  22    21  2 
2023年11月29日(日帰り)
奥秩父
  45    18 
komana, その他1人
2023年11月28日(2日間)
奥秩父
  53    17 
びっけ, その他2人
2023年11月26日(日帰り)
奥秩父
  30     14 
2023年11月26日(日帰り)
奥秩父
  11     10 
2023年11月26日(日帰り)
奥秩父
  58     21 
kamakichi, その他3人
2023年11月26日(日帰り)
奥秩父
  10    3 
2023年11月25日(日帰り)
ページの先頭へ