また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4908713 全員に公開 ハイキング 赤城・榛名・荒船

四ツ又山・鹿岳 (下仁田駅起点・風早尾根・ゼンメイアタマ)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年11月12日(土) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)
GPS
08:08
距離
22.6 km
登り
1,298 m
下り
1,310 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間57分
休憩
1時間12分
合計
8時間9分
Sスタート地点06:3206:36青岩公園08:38天狗峠09:06四ッ又山09:1609:52マメガタ峠09:5410:33鹿岳(一ノ岳)10:4510:54鹿岳11:2711:31鹿岳(一ノ岳)11:4612:38鹿岳登山口12:41鹿岳駐車場12:53大久保山登山口入口13:28小沢橋バス停14:32青岩公園14:39下仁田駅14:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2022年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 非常食 ハイドレーション ライター コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ ドローン エマージェンシーブランケット

写真

感想/記録

かねてより行きたいと思っていた、西上州の鹿岳と四ッ又山の縦走を決行する。都合のよい時間にバスが無いので下仁田駅を起点とする。帰りは間に合えばバスに乗りたいが間に合わなければ歩く。前夜高崎泊で始発の下仁田行きに乗る。

事前の調査では、風早尾根登山口から天狗峠までの道が不明瞭らしい。地理院の地図とにらめっこした限りでは、最初沢を詰めて、突き当った稜線で尾根にとりつく、比較的単純な地形の様に見えた。

車道の登りが半端なく急登。初っ端で息が切れ、最後まで戻ることはなかった。谷を詰める迄は良かった。落ち葉で覆われてはいるものの、踏み跡はしっかりしていて迷う余地がない。問題は巻き道と稜線の分岐。ここを見落として、そのまま斜面にとりつく。谷の上部あたりから落ち葉が深く、問題の地点ではほとんど見えない。うっすら残る「らしい」ものを選んだが失敗。取り敢えず登れば尾根道に出るとは分かっているが、それほど踏まれているルートでも無いので、GPSを頼りに天狗峠迄進む。途中のゼンメイアタマには標識らしきものもない。峠から先も落葉深くトレースが消えかかっているところはあるものの、かろうじて正しいルートを選択できる。ピンクのリボンが豊富にあるので、周りに注意を払って歩く。四ッ又P1は縦走路と離れ、急登を少し登る。P2にはこれといった登山道は無いようだ。エイヤっと勢いで登れない事はないが、完治していない足首が悲鳴をあげていたのでバス。P3、P4は縦走路上にある。四ッ又をすぎると盛大に下る。

この頃から鹿岳の異様な容姿が樹間越しに見えるようになる。マメガタ峠で大久保集落からの道を合わせ、登りに転ずると、安定の急登が展望台分岐まで続く。展望台は鹿岳の展望地。もはや、この光景は日本のヨセミテといってしまっても良いのではないか。あのピーク、とても立てるとは思えない、圧倒的存在感である。数多くの魅惑的な奇山がひしめく西上州にあって、トップクラスの存在感だ。

しかし、ここに来て足首をいたわるように歩いたツケか、太ももにも激しい痛みが走る。殆ど力が入らず、踏み込むのも怪しい。引き返すには登りすぎているので、騙し騙し歩く。とりあえずコルまで行って考えよう。普段ロープや鎖は殆ど手にしないが、今回は鎖、ロープ頼りとなってしまった。一ノ岳を回り込むように、幾つかのロープを伝って、鹿岳のコルから延びる稜線にたどり着く。

下山ルートの伸びるコルは、稜線を少し一ノ岳方面に戻った所にあるので、先に二ノ岳に登る。足の痛みがひどく、登りきれるか自信がなかったが、鎖場を経て、山頂に立つ。見晴らしが良いという、張り出し尾根は先客が占有しておしゃべりに夢中で、暫く空きそうも無いので、ドローンだけ飛ばして、一ノ岳に向かう。クラシックなハシゴの後、長いロープを越え、さらにしばらく登ると、狭い山頂に着く。少し手前に展望園地のような場所があり、二ノ岳の見晴らしがよい。一ノ岳、二ノ岳ともに、見た目ほど難儀な登りを要求されるわけではなく、比較的安全に登れる。しかし、よくこんなルートを発掘したものだと感心させられる。

コルまで降りて下山開始。冒頭鎖の洗礼を受けるが、それ以外難所はない。ただ落葉が深く、足を取られる。登山口に降りた時点でバス時刻の30分前。まだ一時間程の歩きがあることを考えると絶望的。結局バスには間に合わず、下仁田駅まで5キロ超追加で歩かされることとなった。比較的交通量があり、しかも路側帯の狭い車道歩きは精神的にしんどい。下仁田の駅に着くと、丁度電車の発車時間直前、慌てて電車に乗り込む。乗り過ごせば、1時間は待たされるだろうから、運が良かった。

感想:疲れた!そして、どういうわけか地元の人達に何度も声を掛けられた。とても雰囲気の良い街のように感じられた。ただ、バス便を充実していただかないと、私のような足のない人には、足繁く通うのは難しい。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:78人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ