また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1621666 全員に公開 ハイキング 塩見・赤石・聖

東河内 源流殺生尾根のはずが・・・撤退

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年10月20日(土) [日帰り]
メンバー
天候午前中晴れ、午後は曇りのち雨
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)
GPS
11:02
距離
19.1 km
登り
1,773 m
下り
1,774 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間2分
休憩
0分
合計
11時間2分
Sスタート地点06:1817:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年10月の天気図

写真

4:30頃コンビニとトイレに寄ったら上も下も仕事してる。
2018年10月20日 04:41撮影 by DSC-HX60VSONY
4:30頃コンビニとトイレに寄ったら上も下も仕事してる。
2
ゲート
軽っトラは猟師さんで罠猟の見回りだそうだ。
この後林道で再会、罠にかかってるから静かに歩いてくれと(静かに歩いているのだが)その場を30mほど通り過ぎてからパンと1発乾いた音が谷に響き渡った・・・。
それから20分ぐらいしたころまた同じ音がしましたので2頭仕留めたのでしょう。自分的には朝一から気が重くなった。
2018年10月20日 06:22撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
ゲート
軽っトラは猟師さんで罠猟の見回りだそうだ。
この後林道で再会、罠にかかってるから静かに歩いてくれと(静かに歩いているのだが)その場を30mほど通り過ぎてからパンと1発乾いた音が谷に響き渡った・・・。
それから20分ぐらいしたころまた同じ音がしましたので2頭仕留めたのでしょう。自分的には朝一から気が重くなった。
1
三ノ沢山への取付き点
2018年10月20日 07:24撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
三ノ沢山への取付き点
1
タル沢尾根方面
2018年10月20日 07:38撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
タル沢尾根方面
2
左:河川敷、右は林道終点へ
2018年10月20日 07:59撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
左:河川敷、右は林道終点へ
青薙ぎ崩れ
2018年10月20日 07:59撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
青薙ぎ崩れ
4
無岳山の北側のガレ
2018年10月20日 08:01撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
無岳山の北側のガレ
3
昨年登ったタル沢左岸尾根の取付き点のハシゴはあるが護岸整備でずいぶん景色が変わった。
2018年10月20日 08:11撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
昨年登ったタル沢左岸尾根の取付き点のハシゴはあるが護岸整備でずいぶん景色が変わった。
1
取付き点は健在
2018年10月20日 08:11撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
取付き点は健在
3
林道1カ所崩れていますが通過可能
2018年10月20日 08:17撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
林道1カ所崩れていますが通過可能
2018年10月20日 08:20撮影 by DSC-HX60VSONY
3
林道終点から河川敷に降りて対岸に渡りたいが水が多く、茶色い石は苔で滑る。
2018年10月20日 08:35撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
林道終点から河川敷に降りて対岸に渡りたいが水が多く、茶色い石は苔で滑る。
4
以前はここまで来ている。この先は未知なのでワクワクする。
2018年10月20日 08:50撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
以前はここまで来ている。この先は未知なのでワクワクする。
2
対岸にハシゴ
2018年10月20日 09:00撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
対岸にハシゴ
1
何となく水が多いし最近の豪雨の影響出てます。
2018年10月20日 09:06撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
何となく水が多いし最近の豪雨の影響出てます。
1
紅葉、
2018年10月20日 09:19撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
紅葉、
3
この2段の滝を見送りさらにどんどん奥に行ってしまう
2018年10月20日 09:29撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
この2段の滝を見送りさらにどんどん奥に行ってしまう
3
荒れてます。
2018年10月20日 09:37撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
荒れてます。
かなり木がやられています。
ぼくの頭もやられていて、大きなガレ肌が見えるあたりまで行ってしまい引き返すことにする。
2018年10月20日 09:45撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
かなり木がやられています。
ぼくの頭もやられていて、大きなガレ肌が見えるあたりまで行ってしまい引き返すことにする。
1
左側の木が空けている尾根を登ってしまう・・・。
2018年10月20日 10:15撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
左側の木が空けている尾根を登ってしまう・・・。
本来は手前の尾根に飛びついていくのが正解
2018年10月20日 10:32撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
本来は手前の尾根に飛びついていくのが正解
1
間違った尾根とは知らず高度を上げていく、このカラマツも実習林でジグザグなルートが作られている。
2018年10月20日 10:58撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
間違った尾根とは知らず高度を上げていく、このカラマツも実習林でジグザグなルートが作られている。
1
こんな感じ
2018年10月20日 11:10撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
こんな感じ
1
青薙ぎ崩れもだんだん目線の高さに入ってきた。
2018年10月20日 11:22撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
青薙ぎ崩れもだんだん目線の高さに入ってきた。
1
青薙ぎ山方面に4段の滝
2018年10月20日 11:33撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
青薙ぎ山方面に4段の滝
2
こんな感じ
2018年10月20日 11:39撮影 by DSC-HX60VSONY
こんな感じ
3
鋸が結んであった。
2018年10月20日 11:42撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
鋸が結んであった。
1
この尾根は下からP1824(日影沢左岸ルート)までピンクテープの連続打点・・・つけたのは学生かな??
2018年10月20日 11:55撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
この尾根は下からP1824(日影沢左岸ルート)までピンクテープの連続打点・・・つけたのは学生かな??
シロヤシオの紅葉が鮮やかでした。
2018年10月20日 11:59撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
シロヤシオの紅葉が鮮やかでした。
5
この写真撮影後にどうやら全く別のルートを登っていることに気が付く(笑)
標高は1800ほどまで来て天狗の相撲場やトラバース道っぽい所が全く見当たらない
日影沢左岸ルートのP1824まで来ている。このまま登って日影沢の源頭の見晴らしのいいとこで幕営といきたいところが、今日は水を小笹平で汲むつもりだったので余分が無い・・・下山です。
2018年10月20日 13:31撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
この写真撮影後にどうやら全く別のルートを登っていることに気が付く(笑)
標高は1800ほどまで来て天狗の相撲場やトラバース道っぽい所が全く見当たらない
日影沢左岸ルートのP1824まで来ている。このまま登って日影沢の源頭の見晴らしのいいとこで幕営といきたいところが、今日は水を小笹平で汲むつもりだったので余分が無い・・・下山です。
3
懐かしい猛烈な馬酔木帯に突入前は登りで使用、今回は下りですが途中アルバイトしてしまいました。
2018年10月20日 14:05撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
懐かしい猛烈な馬酔木帯に突入前は登りで使用、今回は下りですが途中アルバイトしてしまいました。
1
ようやく尾根に乗ったので開けたところで休憩
2018年10月20日 14:53撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
ようやく尾根に乗ったので開けたところで休憩
あたり前田のクラッカ〜〜(笑)
2018年10月20日 14:57撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
あたり前田のクラッカ〜〜(笑)
3
無岳山
2018年10月20日 15:00撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
無岳山
2
こんなに伐採うるさかったかな??
2018年10月20日 15:25撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
こんなに伐採うるさかったかな??
1
これを過ぎたら林道近し
2018年10月20日 16:01撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
これを過ぎたら林道近し
林道が見えてきました
2018年10月20日 16:07撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
林道が見えてきました
カーブのここに出てきます。
この後雨がひどくなってきました。
2018年10月20日 16:09撮影 by PENTAX K-70 RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
カーブのここに出てきます。
この後雨がひどくなってきました。
2

感想/記録

 久しぶりのテン泊登山ということで、以前から気になっていた源流殺生尾根から小笹平、鹿ノ子池を経由した周回ルーで出かけましたが、取付き点を間違え散々でした。
豪雨による林道や河川の状態はまずまずです。

当初の目標は達成できなかったが、新たな使えるルートを歩けたし歩荷訓練にもなったしですが、来年に再チャレンジしたいと思います。

「東河内は最高に楽しい!!」


山に感謝
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:753人

コメント

源流殺生尾根!(´ω`*)
fujiyoshiさん おはようございます(^o^)/

昨日は久々に、東河内に行かれたんですね!
源流殺生尾根は、昨年kumahikoさんが歩かれ、私達も鹿の子池と合わせていつか歩いてみたいね!って、地形図に線引いて、計画だけはずっと温めていたんですょ〜(笑) でも、今年の台風続きで山中の状態がどうなってるかわからず、しばらくはどこのバリルートも無理だろうなぁ〜と諦めています。。
でも、どうやらfujiyoshiさんのレコ拝見すると、東河内はそれほど大きなダメージは無かったようですね!ただ河原沿いは、倒木や枝などが散乱し荒れているため、取り付き地点やルートの見極めは非常に難しかったと思います。自分では正しい尾根を進んでいると信じ込んでて、実は違っていたという経験。。私らもたまにやらかすので、その時の気持ちよくわかります(T_T) 
ですが、中止の決定から下山まで冷静な判断・行動は流石ですね!(^^)!
次の再チャンレンジ楽しみにしていますょ 鹿の子池で待ち伏せしちゃおうかしらん〜

今日はこんな素晴らしい秋晴れだというのに、ダンナさんがモトGP?観戦のため、山には行かず二人してお家でお籠り 私は朝から大洗濯&大掃除ブッこいてます (笑)

お疲れ様でした!\(^o^)/
2018/10/21 9:38
Re: 源流殺生尾根!(´ω`*)
haiziさん、こんばんは!
今日はすんばらしい快晴だったから大掃除に大洗濯ははかどったでしょう
今朝起きてカーテン開けて・・・あ〜今頃は日影沢の頭で富士山や聖岳眺めてんのになぁ〜〜と残念でしたよ
ま〜水持って山に入らないのはなめてましたね
反省です。
安倍奥とか台風の被害がひどいですよね。
東河内に行く前は被害の状態がわからなかったので不安でしたが、行ってみたら林道や山は全く平気でしたのでぜひ東河内に出かけて下さ〜い

kumaさんやkaiさんのレコや永野先生の本も読み返したのに・・・思い込みで行動してしまい反省です
ただでは転ばないfujiyosi (笑)
間違いで登った尾根は安全に使える尾根なんで得しましたよ〜

鹿の子池でのんびりしたいね
2018/10/21 23:04
お疲れ様です!
こんばんは!!

ルートを間違えて断念ですか…。残念でしたね。
東河内は色々なルートがあって、とても面白い山域ですよね!興味があります。
GPSを持って行かずにバリルートに行くことが本当に凄いです!僕達はGPSが無かったらすぐ遭難してしまいますよ😅
リベンジ頑張って下さい!!

お疲れ様でした!
2018/10/21 20:40
Re: お疲れ様です!
seira_さん、こんばんは!
残念で残念な登山でしたが登りで使った尾根は問題なく使える尾根なので紹介がてらレコUPしときました。
東河内はおそらくほとんどの尾根が使える尾根だと思うのでぜひ行ってみてください。
GPSはいつも携帯してるんですよ。
携帯しててもこの様だから駄目ですね〜〜。
2018/10/21 23:13
東河内
fujiyoshiさん こんばんわ

東河内は演習林だけあってまだまだ知らないルート?が有りそうでまだまだ楽しめそうですね!
源流殺生尾根はトラバース道に入ってから小笹峠に抜けるまでが良い雰囲気ですので、ぜひまた行ってみてください。

自分もいけたら年内にもう1回、東河内のどこかの尾根に行きたいです。
その時は、fujiyoshiさんやhaiziさんのレコを参考にさせていただきます。
2018/10/21 23:17
Re: 東河内
kumahikoさん、こんばんは
きっとですが東河内の尾根のほとんどが登れると思います。
まだまだしばらく静かに遊ばさせてもらえそうです(笑)
トラバース道〜小笹平の雰囲気を味わいたいのでぜひリベンジしますよ。
ここ最近は東河内がお気に入りエリアになってしまいました(笑)

さて何処の尾根でしょう??楽しみにしています。
2018/10/21 23:35
東河内源流
お花が変わったfujiyoshiさん、こんにちは。
東河内が源流から詰められるとは知りませんでした。良さそうな所ですね。
ところで、その源流のルートは沢靴がなくても行かれ程度の水量ですか?

私は大井川東俣に行きたかったのですが、天候に恵まれずまだ行っていません。台風の影響がいたるところで出ているので、今回のレコは参考になりました。
2018/10/22 10:34
Re: 東河内源流
naoeさん、こんにちは!
花が変わりましたfujiyoshiです。
東河内の源流は永野先生の本によりますと詰められますね。沢登りのスキルがあれば可能と思います。ここを詰めて小笹平で一泊ってのはいいと思いますね〜。
今年の井川は夏に豪雨に見舞われたので東俣なんかはそうとうに荒れたんじゃないでしょうかね・・・。
2018/10/22 12:49
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ