ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 5494474
全員に公開
ハイキング
京都・北摂

天狗畑周回予定がピストンに

2023年05月14日(日) [日帰り]
 - 拍手
体力度
3
日帰りが可能
GPS
03:47
距離
10.8km
登り
872m
下り
875m
歩くペース
とても速い
0.60.7
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
3:45
休憩
0:02
合計
3:47
7:08
45
スタート地点
7:53
7:53
52
8:45
8:46
88
10:14
10:15
40
10:55
ゴール地点
天候 小雨
過去天気図(気象庁) 2023年05月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
古屋集落の手前にスペースがあったので停めさせて頂きましたが、駐車していいかどうかは不明です。公民館はあるのですが、駐車スペースはなかったようです。公民館にお手洗いがあります。Softbankの電波は4本立っているのですが、そのわりにはトラフィックは遅かったような気がします。「地元車」以外は入るなと書いてありましたが、ごめんなさい、通りました。道は多少狭い箇所もあり。落石はいくらかありました。
老富には、十数台停められる駐車場。群生地に入るには協力金200円。電波は届きませんでした。
コース状況/
危険箇所等
【登山口-洞峠-大ブナ】標識はたまに。テープはあまりありません。踏み跡はほぼ明瞭。斜度はそこそこありますが、歩きやすい道でした。足元は湿っていましたが、あまりスリップしませんでした。危険箇所はありません。
【大ブナ-天狗畑】これまでよりはテープは増えますが、そんなに密ではありません。標識は時々あって役に立ちますが、充分とは言えない。踏み跡ははっきりしていますが、下山時には支尾根に行ってしまわないように注意が必要です。下りも登りも結構急でした。危険箇所はありません。
【大ブナ-栃の森】途中まで行って引き返しました。私のルートファインディングがまずかったのだろうと思いますが、もうちょっとテープが欲しかったところです。
古屋集落で見つけたハイキングマップ。最初は三国岳・養老山に行こうと計画していましたが、こっちに行ってみることにしました。「最初の一滴」とかそそるのですが、結果から言えば行けませんでした。
2023年05月14日 06:35撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 6:35
古屋集落で見つけたハイキングマップ。最初は三国岳・養老山に行こうと計画していましたが、こっちに行ってみることにしました。「最初の一滴」とかそそるのですが、結果から言えば行けませんでした。
クリンソウ。絶滅危惧種らしいですが、あちこちで見られるようですね。
2023年05月14日 06:48撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 6:48
クリンソウ。絶滅危惧種らしいですが、あちこちで見られるようですね。
斜面にたくさん。
2023年05月14日 06:49撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 6:49
斜面にたくさん。
2023年05月14日 06:52撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 6:52
数年前からなぜか増えてきたそうです。シカが食べないそうですが、Wikipediaによると春日山では食べるシカもいるそうで。
2023年05月14日 06:57撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 6:57
数年前からなぜか増えてきたそうです。シカが食べないそうですが、Wikipediaによると春日山では食べるシカもいるそうで。
さて、天狗畑に向かっています。右に渡る橋もありますが、ここはまっすぐ。
2023年05月14日 07:19撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 7:19
さて、天狗畑に向かっています。右に渡る橋もありますが、ここはまっすぐ。
横を流れる沢がきれいでしたが、とりあえず1枚だけ。
2023年05月14日 07:21撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 7:21
横を流れる沢がきれいでしたが、とりあえず1枚だけ。
この辺が登山口。
2023年05月14日 07:22撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 7:22
この辺が登山口。
洞峠への道で登ります。
2023年05月14日 07:25撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 7:25
洞峠への道で登ります。
普通の登山道でした。踏み跡は明瞭です。
2023年05月14日 07:32撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 7:32
普通の登山道でした。踏み跡は明瞭です。
ここから天狗畑山頂が見えるのですが・・・白いですね。
2023年05月14日 07:44撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
2
5/14 7:44
ここから天狗畑山頂が見えるのですが・・・白いですね。
石仏。
2023年05月14日 07:49撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 7:49
石仏。
洞峠到着。
2023年05月14日 07:52撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 7:52
洞峠到着。
分岐。下山はこの右への道を辿るつもりでした。
2023年05月14日 07:59撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 7:59
分岐。下山はこの右への道を辿るつもりでした。
大ブナ。
2023年05月14日 08:02撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
2
5/14 8:02
大ブナ。
ロープがいるほどではないのですが、かなりの下りです。帰りが憂鬱。
2023年05月14日 08:10撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
2
5/14 8:10
ロープがいるほどではないのですが、かなりの下りです。帰りが憂鬱。
登り返しは結構急です。日程後半だったら、休み休み登ったと思います。
2023年05月14日 08:31撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
2
5/14 8:31
登り返しは結構急です。日程後半だったら、休み休み登ったと思います。
いくつか偽ピークに騙された後、ようやく山頂。
2023年05月14日 08:45撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
2
5/14 8:45
いくつか偽ピークに騙された後、ようやく山頂。
ここにもマンモス。
2023年05月14日 08:47撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 8:47
ここにもマンモス。
さて、さっきの分岐から右に折れて、「森」を目指しているのですが、この標識を過ぎてから、道がわからなくなりました。テープがある方に行くとルートからそれる、ルートに乗ろうとすると踏み跡がない。
2023年05月14日 09:38撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 9:38
さて、さっきの分岐から右に折れて、「森」を目指しているのですが、この標識を過ぎてから、道がわからなくなりました。テープがある方に行くとルートからそれる、ルートに乗ろうとすると踏み跡がない。
ここまで降りて、諦めることにしました。
2023年05月14日 09:55撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
2
5/14 9:55
ここまで降りて、諦めることにしました。
下山時には青空も覗くように。
2023年05月14日 10:17撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 10:17
下山時には青空も覗くように。
このキャラクターはとち丸らしい。
2023年05月14日 10:19撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 10:19
このキャラクターはとち丸らしい。
公民館でお手洗いも使えます。
2023年05月14日 10:51撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
2
5/14 10:51
公民館でお手洗いも使えます。
ここに停めさせて頂きましたが、停めていいのかどうかは不詳。
2023年05月14日 10:55撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
2
5/14 10:55
ここに停めさせて頂きましたが、停めていいのかどうかは不詳。
下山してから、光が当たったクリンソウ。
2023年05月14日 10:56撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
2
5/14 10:56
下山してから、光が当たったクリンソウ。
2023年05月14日 10:57撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
3
5/14 10:57
2023年05月14日 10:58撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 10:58
老富に移動しました。
2023年05月14日 11:35撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
2
5/14 11:35
老富に移動しました。
前に来た時ほどの群生じゃないですね。シカが食い荒らしているらしくて。
2023年05月14日 11:43撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 11:43
前に来た時ほどの群生じゃないですね。シカが食い荒らしているらしくて。
2023年05月14日 11:48撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
2
5/14 11:48
2023年05月14日 11:52撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 11:52
この神社は風格があって好きです。
2023年05月14日 11:54撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
2
5/14 11:54
この神社は風格があって好きです。
ちょっとピンぼけしているのですが、柵の中にクリンソウが咲いていました。地元の方によると、なんだか最近咲き出しているようで。
2023年05月14日 11:55撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
2
5/14 11:55
ちょっとピンぼけしているのですが、柵の中にクリンソウが咲いていました。地元の方によると、なんだか最近咲き出しているようで。
2023年05月14日 11:55撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
2
5/14 11:55
2023年05月14日 11:56撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 11:56
2023年05月14日 11:57撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 11:57
2023年05月14日 11:57撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
1
5/14 11:57
ぜんざいを食べました。おいしかった。
2023年05月14日 12:05撮影 by  DSC-RX100M5A, SONY
2
5/14 12:05
ぜんざいを食べました。おいしかった。

感想

先日、絶滅危惧種に指定されているクリンソウが、綾部市で群生しているというニュースをNHKで見たため、綾部市古屋に行ってきました。ただ、絶滅危惧とか言いつつも、あっちこっちで見られるようなので、レア感はあまりないのかも。

古屋集落入口に駐車して、最初に群生地を見に行きました。斜面にたくさん咲いていました。その後、公民館の前まで行くと、天狗畑までのハイキングマップがあったので、最初は三国岳・養老山に行く予定でしたが、この際天狗畑に登ってみることに方針変更。

軽い雨が降っていたので、レインを着て登りました。洞峠を経て大ブナまでは歩きやすい道。ここから天狗畑山頂までは結構下ってまた登り返しで、早い時間だから休まずに登れたものの、午後だったら確実に休み休みでないと無理だったと思います。なんだか、こないだの鋸山-皇海山をちっちゃくした感じ。

さて、ひとまず山頂到達してから、下山は別ルートを辿り、栃の森を経由しようかと思いました。しかし、途中まで降りて標識を確認してからが道がわからなくなりました。テープがある方に行くと地図のルートからずれてしまい、GPSでルートの真上にいるとテープも見当たらず、踏み跡もよくわからない。無理に降りようとすると急斜面に入ってしまいそうになったので、今日についてはこれ以上無理しないことにしました。多分、よく見ればきちんと道はあったのでしょうが、雨がまだ降っている状態で粘るといいことなさそうなので。天狗畑という名前の由来は、昔この辺でいたずらをしていた天狗が、君尾山の和尚にこらしめられたからだそうですが、私も天狗にいじられたのかも知れませんね。あるいは、そのまま降りていたら大変なことになったのを、予め止めて貰ったのかも。

下山の頃には太陽も出てきて、雨もやみました。その後、老富でシャガを見に行ったのですが、確かにたくさん咲いているとは言え、5年前に来た時とはかなり花が減っていてがっかり。ぜんざいを頂きながら話を伺ったところ、シカがシャガを食い荒らしているようですね。うーん、迷惑な動物だ。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:239人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら