ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 2497285
全員に公開
ハイキング
蔵王・面白山・船形山

蔵王 不動滝

2020年08月10日(月) [日帰り]
 - 拍手
体力度
3
日帰りが可能
GPS
07:02
距離
20.4km
登り
799m
下り
789m
歩くペース
標準
1.01.1
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
7:42
休憩
0:17
合計
7:59
7:11
248
スタート地点
11:19
11:19
17
11:36
11:36
9
11:45
11:45
18
12:03
12:03
15
12:18
12:20
27
12:47
12:52
16
13:08
13:08
15
13:23
13:23
15
13:38
13:38
9
13:47
13:48
15
14:03
14:05
4
15:05
15:09
1
15:10
ゴール地点
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図
アクセス
コース状況/
危険箇所等
不動滝:渡渉数箇所。水深70〜80cmぐらい
スタート地点。エコーラインの中腹にあります。
2020年08月10日 07:11撮影
8/10 7:11
スタート地点。エコーラインの中腹にあります。
昔は不動滝近くまで道があったんでしょうか?
とりあえず三階の滝までは行けるのでそこから沢を登ります。
2020年08月10日 10:00撮影
8/10 10:00
昔は不動滝近くまで道があったんでしょうか?
とりあえず三階の滝までは行けるのでそこから沢を登ります。
入渓ポイント
2020年08月10日 07:37撮影
8/10 7:37
入渓ポイント
ギリギリ通れる。
2020年08月10日 07:47撮影
8/10 7:47
ギリギリ通れる。
岩を超え川を渡り、時折樹林帯を通ります。
2020年08月10日 08:07撮影
8/10 8:07
岩を超え川を渡り、時折樹林帯を通ります。
ちっとも進まず心が折れかけてきたところでようやく滝が見えてきました。
2020年08月10日 08:32撮影
8/10 8:32
ちっとも進まず心が折れかけてきたところでようやく滝が見えてきました。
50mぐらいでしょうか?
水量も安定して迫力です。
2020年08月10日 09:10撮影
1
8/10 9:10
50mぐらいでしょうか?
水量も安定して迫力です。
飛沫がすごく目の前に虹がかかります。
頑張って渡渉したけど結局ずぶ濡れになりました。
2020年08月10日 08:46撮影
1
8/10 8:46
飛沫がすごく目の前に虹がかかります。
頑張って渡渉したけど結局ずぶ濡れになりました。
高さ、幅よし、水量も多く虹もかかって
五つ星クラスの滝でした。
帰りは行きよりジャブジャブしながら渡渉したので早く着きました。
2020年08月10日 08:58撮影
1
8/10 8:58
高さ、幅よし、水量も多く虹もかかって
五つ星クラスの滝でした。
帰りは行きよりジャブジャブしながら渡渉したので早く着きました。
まだ時間も早いので刈田駐車場から屏風岳方面を目指します。
2020年08月10日 11:21撮影
8/10 11:21
まだ時間も早いので刈田駐車場から屏風岳方面を目指します。
登山口。結構歩きました。
2020年08月10日 11:36撮影
8/10 11:36
登山口。結構歩きました。
登山道は歩きやすいです。
2020年08月10日 11:46撮影
8/10 11:46
登山道は歩きやすいです。
刈田岳(お釜)方面
2020年08月10日 11:52撮影
8/10 11:52
刈田岳(お釜)方面
前山は看板のみ
2020年08月10日 12:03撮影
8/10 12:03
前山は看板のみ
杉ヶ峰はそこそこ広い山頂です。
2020年08月10日 12:18撮影
8/10 12:18
杉ヶ峰はそこそこ広い山頂です。
芝草平の湿地で水分が残り少なくなりました。
滝で体力も消耗したし屏風岳は諦めて戻ります。
2020年08月10日 12:29撮影
8/10 12:29
芝草平の湿地で水分が残り少なくなりました。
滝で体力も消耗したし屏風岳は諦めて戻ります。
登山口まで戻ってきました。持ってた水分もここで飲み干しましまいました。
でもここまできてお釜を拝まずに帰るのは蔵王さんに失礼かな?
2020年08月10日 13:48撮影
8/10 13:48
登山口まで戻ってきました。持ってた水分もここで飲み干しましまいました。
でもここまできてお釜を拝まずに帰るのは蔵王さんに失礼かな?
というわけで体に鞭打って登りました。
2020年08月10日 14:16撮影
8/10 14:16
というわけで体に鞭打って登りました。
相変わらずお美しい。
2020年08月10日 14:41撮影
1
8/10 14:41
相変わらずお美しい。
ここには何度か訪れていますが午後の日差しを受けて
いままでで一番綺麗に見えました。
2020年08月10日 14:42撮影
1
8/10 14:42
ここには何度か訪れていますが午後の日差しを受けて
いままでで一番綺麗に見えました。

感想

2年前途中で撤退した不動滝にリベンジしました。
噂通りのいい滝でした。水分量が足りず屏風岳まで行けなかったのは
ちょっと中途半端でしたが、お釜も綺麗に見えていい山旅となりました。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:576人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら