また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4446673 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 奥武蔵

暑すぎてバテバテ、蕨山-武川岳-伊豆ヶ岳、関東百山60、61

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年06月30日(木) [日帰り]
メンバー
天候晴のち曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
白谷沢登山口駐車場に前夜車中泊。トイレ無し。
経路を調べる(Google Transit)
GPS
11:03
距離
34.4 km
登り
2,775 m
下り
2,768 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間30分
休憩
1時間32分
合計
11時間2分
S白谷沢登山口04:1004:46金比羅神社跡04:5205:00名栗金比羅山05:0305:19中登坂05:2105:39大ヨケノ頭06:08藤棚山06:0906:32蕨山展望台06:3306:37蕨山山頂標識で食事休憩06:4707:36名郷08:47天狗岩08:5709:31前武川岳09:42武川岳09:5510:05大栗沢分岐10:30林道大栗沢線起点10:43ツガの木台10:4510:51長岩峠11:00五輪山11:0311:14伊豆ヶ岳11:1911:26古御岳11:3311:52高畑山11:5311:57鉄塔横伐採地12:06中ノ沢ノ頭12:0712:19天目指峠12:3213:02愛宕山13:0313:28豆口峠13:39食事休憩13:4613:53竹寺の鐘楼13:5413:59八幡坂ノ頭14:08滝ノ入山14:0914:22仁田山(嶺)14:2514:31仁田山峠14:44鍛冶屋橋バス停14:53さわらびの湯バス停14:5414:58名栗温泉さわらびの湯15:12白谷沢登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全て一般登山道と道路なので基本的には危険個所は有りません。

武川岳へは上級者コースと道標に書かれた天狗尾根で登りましたが、途中の天狗岩の所で男坂、女坂と分かれています(直ぐに上で合流します)。今回は男坂を登りました。岩々のルートですが道は明瞭で赤テープが多数有り、特に危険では有りませんでした。

伊豆ヶ岳も山頂近くでも男坂、女坂と分かれていますが、男坂は現在危険とロープが張られています。女坂に進むと少し先でやはり危険とロープが張られていました。ただ明確な登山道が分かれているので、そちらを進むと直ぐに山頂に着きます。この登山道には名前が有りませんでしたが、さしずめ中性坂でしょうか。。。
過去天気図(気象庁) 2022年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 GPS ペットボトル730mlx3 雨具 熊鈴 総菜パン5個 塩飴4個
備考 総菜パンは全て食べたが少し足りない位。水は直ぐに無くなり途中の二ヶ所の沢で補給して合計5,110ml。それでも少し足りない位。

写真

天気予報どおり晴れそうですが、既にこの時間で短パンにドライTシャツでも暖かい位。
2022年06月30日 04:17撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気予報どおり晴れそうですが、既にこの時間で短パンにドライTシャツでも暖かい位。
1
名栗湖は2回目です。
2022年06月30日 04:18撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名栗湖は2回目です。
2
日が差してきました。標高が低いので既に汗が少し。。。
2022年06月30日 04:47撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が差してきました。標高が低いので既に汗が少し。。。
金比羅神社跡です。
2022年06月30日 04:50撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金比羅神社跡です。
名栗金比羅山の少し先。早朝の良い感じですが、涼し気ですが実際は暖かい位。
2022年06月30日 05:08撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名栗金比羅山の少し先。早朝の良い感じですが、涼し気ですが実際は暖かい位。
1
大ヨケノ頭に到着。
2022年06月30日 05:38撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ヨケノ頭に到着。
藤棚山です。
2022年06月30日 06:08撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤棚山です。
途中の標識はずっと蕨山展望台まで何キロだったのに、いきなり蕨山の山頂標識。蕨山展望台をいつの間にか通り過ぎたのかと思いました。
2022年06月30日 06:32撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の標識はずっと蕨山展望台まで何キロだったのに、いきなり蕨山の山頂標識。蕨山展望台をいつの間にか通り過ぎたのかと思いました。
展望台という程の展望も無いし。。。
2022年06月30日 06:32撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台という程の展望も無いし。。。
1
その少し先のピークにも蕨山の山頂標識。そうすると先ほどのピークが蕨山展望台でここが蕨山の山頂だと思ったのですが。。。
2022年06月30日 06:37撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その少し先のピークにも蕨山の山頂標識。そうすると先ほどのピークが蕨山展望台でここが蕨山の山頂だと思ったのですが。。。
天狗岩です。ここで男坂、女坂に分かれますが今回は男坂を登ります。
2022年06月30日 08:46撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩です。ここで男坂、女坂に分かれますが今回は男坂を登ります。
山伏峠と武川岳との分岐。ここから武川岳までは前回に登ったルートです。
2022年06月30日 09:31撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山伏峠と武川岳との分岐。ここから武川岳までは前回に登ったルートです。
武川岳山頂に到着。
2022年06月30日 09:43撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武川岳山頂に到着。
山頂は展望こそ有りませんが草原の良い休憩所です。
2022年06月30日 09:43撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は展望こそ有りませんが草原の良い休憩所です。
五輪山に到着。
2022年06月30日 11:02撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五輪山に到着。
今回の最後の目的地、伊豆ヶ岳に到着。
2022年06月30日 11:14撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の最後の目的地、伊豆ヶ岳に到着。
展望が無く、なぜ関東百山に選ばれた不明。蕨山もそうでしたが、関東百山は今一な印象です。これなら山梨百名山の方が良い山が多いですが。。。
2022年06月30日 11:14撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望が無く、なぜ関東百山に選ばれた不明。蕨山もそうでしたが、関東百山は今一な印象です。これなら山梨百名山の方が良い山が多いですが。。。
高畑山に到着。ここも特に展望無し。
2022年06月30日 11:52撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高畑山に到着。ここも特に展望無し。
高畑山の少し先には展望の良い所が有りました。
2022年06月30日 11:57撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高畑山の少し先には展望の良い所が有りました。
天目指峠に到着。
2022年06月30日 12:20撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目指峠に到着。
ここは中々良い雰囲気。天目指峠で車中泊も考えましたが、ここも静かで眠れそう。
2022年06月30日 12:30撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは中々良い雰囲気。天目指峠で車中泊も考えましたが、ここも静かで眠れそう。
愛宕山の到着。
2022年06月30日 13:03撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛宕山の到着。
今回のルート上では展望の無い所が殆どですが、木陰が多いので、極暑の時には救われます。
2022年06月30日 13:03撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のルート上では展望の無い所が殆どですが、木陰が多いので、極暑の時には救われます。
久しぶりの展望。
2022年06月30日 13:46撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの展望。
竹寺の鐘楼です。竹寺に寄って行きたいくらいですが、暑くて早く帰りたかったのでパス。
2022年06月30日 13:53撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹寺の鐘楼です。竹寺に寄って行きたいくらいですが、暑くて早く帰りたかったのでパス。
曇って来て夕立を少し心配しました。
2022年06月30日 13:54撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曇って来て夕立を少し心配しました。
八幡坂ノ頭は知らない内に通り過ぎた様で、八幡坂峠に到着。
2022年06月30日 14:04撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡坂ノ頭は知らない内に通り過ぎた様で、八幡坂峠に到着。
滝ノ入山の山頂標識ですが、どこがピークか分からない位でした。
2022年06月30日 14:09撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝ノ入山の山頂標識ですが、どこがピークか分からない位でした。
仁田山(嶺)の山頂標識です。ここもどこがピークか不明な位なだらかです。
2022年06月30日 14:23撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仁田山(嶺)の山頂標識です。ここもどこがピークか不明な位なだらかです。
展望は良いのです。
2022年06月30日 14:23撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望は良いのです。
鍛冶屋橋バス停の少し手前に小城の様な建物が。物語に出てきそう。人が住んでいるみたいですが。。。
2022年06月30日 14:42撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鍛冶屋橋バス停の少し手前に小城の様な建物が。物語に出てきそう。人が住んでいるみたいですが。。。
1
名栗湖に登る途中に有る龍泉寺です。
2022年06月30日 14:52撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名栗湖に登る途中に有る龍泉寺です。
1
名栗湖に戻ってきました。
2022年06月30日 15:02撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名栗湖に戻ってきました。
1
暑い一日でした。流石にバテバテです。
2022年06月30日 15:03撮影 by HW-01K, HUAWEI
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑い一日でした。流石にバテバテです。
2

感想/記録
by Futaro

前回の月命日の山行の前日の日曜日にこのルートを歩く予定でしたが、土曜日にぎっくり腰をやってしまい、日曜の朝は顔を洗うのも痛かったので整体院を探してマッサージして貰いました。27日は3キロ程しか歩いていないので、29日にもう一度整体院に行ってマッサージをしてもらい、このルートを歩く事にしました。

山行の前日はいつも軽めの運動に止めているのですが、今回はいつもより10キロほど短く、累積登りも500m以上少ないので普段の生活をしました。というかいつもより少しきつい運動量でした。ジムトレも一番きついレッスンをやってから21時30分頃に出発したので名栗湖で寝たのが23時40分過ぎ、3時30分にアラームをセットしたので寝不足でした。若い頃と違って睡眠時間が短すぎると翌日の山行に響きますね。ガーミン君の評価も、この睡眠ポイントでは疲れが残っているので軽い運動がお勧めでした。

しかもこの日も猛暑日で、日帰り山行で最大の5.11ℓの水を飲んでも飲み足りない位。近場だとどうしても低山になりますが、この時期の暑さだと沢登が妥当と痛感しました。
かみさん曰く、歳を考えずにそんな事をしてたら寿命が縮むよ。misuzuさんの日記に書かれていた活性酸素の測定をやってみた方が良さそうです。。。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:157人

コメント

Futaro こんにちは。
ルートの割に時間が掛かっているようなので、さぞ暑かったことと想像します。この気温で、ここに来たら、茹だっちゃいますヨ。直射日光は、それほど当たらないと思いますが、替わりに湿っぽいので、非常に蒸し暑い。それにしても 7ℓも水分取ったら、必要な成分も大量に出て、非常に具合が悪くなりそうです。肝腎にかなりのダメージ与えていそうで、寿命を縮める行為と感じます。突然動けなくなる可能性もあるので注意した方が良いです。

同じ木曜日、ぎっくり腰とは違うのですが、ぎっくり腰みたいになってしまい、家で涼しく過ごしています
2022/7/2 14:45
misuzuさん、こんにちは。

そうなんです。風があまり無くって蒸し暑かったです。水は最初の730mlx3本にはポカリスエット系を入れていたのですが、途中の2ヶ所の沢での補給は当然水でした。取り敢えず塩飴を4個持って行って、水と一緒に摂取したので多少は緩和されたと思います。今までは日帰りで多くても4ℓだったので、7ℓは予想していませんでしたが、こんなに水が必要になるなら粉末のポカリスエットを次回からは持って行こうと思います。
ところで突然に動けなくなる可能性ですが、qwgさんと27日に会った際、車の事故で大怪我をした理由が正にそんな感じだった様です。年を取ると色んな事に注意が必要だと痛感しています。

ぎっくり腰、前からたまになるのですが、前回からは5,6年ぶりです。整体師さんがいうには腰から肩回りの筋肉が非常に硬いそうです。筋トレと並行して柔軟体操系も毎日した方が良いのでしょう。
------ 消費した水の量、7ℓではなく5.11ℓでした。。。
2022/7/2 15:35
Futaroさん、こんにちは。

私は登山中あまり水を飲まないほうなので、もっと飲んだ方がいいと
よく言われますが、7Lはすごいですね。相変わらず、燃費が悪い
飲みすぎも健康には良くないんですね。何事も適度に、ということでしょうか。
2022/7/2 16:35
shigetoshiさん、こんばんは。

僕は普通は2ℓです。過去最大でも4ℓ。今回の7ℓは異常でした
それだけ暑かったです。でもガーミン君の評価だと7ℓでも少し少ないそうです。推定で失われた水分量が、この日の暑さと運動量だと7ℓ超えだそうなので。。。
------ 消費した水の量、7ℓではなく5.11ℓでした。。。
2022/7/2 21:19
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

赤テープ 山行 縦走 ノ頭 梨百
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ