ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 5503152
全員に公開
ハイキング
奥多摩・高尾

チクマ山,浅間岳〜大澄山,大塚山【奥多摩・多摩の百山】

2023年05月17日(水) [日帰り]
 - 拍手
GPS
08:11
距離
13.1km
登り
1,053m
下り
1,050m

コースタイム

日帰り
山行
9:26
休憩
0:48
合計
10:14
6:14
6:26
5
8:10
0:00
64
9:14
0:00
5
大多摩観光グラウンド河川用駐車場
9:19
9:20
16
9:36
9:39
2
9:41
9:43
29
10:12
10:18
7
10:25
10:28
30
10:58
11:00
9
11:09
11:20
44
12:04
12:04
12
12:16
0:00
70
大多摩観光グラウンド河川用駐車場
13:26
0:00
18
13:44
13:48
19
14:07
14:08
2
14:10
絹の道資料館
大多摩観光グラウンド河川用駐車場 https://onl.la/b36wZmr
グーグルマップで、赤の吹き出しマークで表示される地点はゴルフ練習場の駐車場。
その南側がグラウンドで、駐車場は非常に広い(明確な境界はなさそう)。
駐車場の南端の左側のかどの草むらにハイカーの踏み跡がある。
天候 快晴
過去天気図(気象庁) 2023年05月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
駐車場
チクマ山=奥多摩町営鳩ノ巣駐車場
浅間岳&大澄山=大多摩観光グラウンド河川用駐車場
大塚山=八王子市絹の道資料館
コース状況/
危険箇所等
☆鳩ノ巣駐車場の前にある対岸に渡る橋は老朽化して通行禁止だった。
隣の蕎麦屋へ通じる橋で対岸に渡る。
蕎麦屋の裏から尾根へは微かな踏み跡、尾根に上がればチクマ山まで上り一辺倒の明瞭な踏み跡あり。
尾根はやや急な所が一部にあるが、岩場などの危険個所は無い。
下りでは、地形図には表示されない10m未満の登り返しが数か所あり。

☆浅間岳&大澄山は、都立羽村草花丘陵自然公園【https://onl.la/2GNgmVk】
として整備されており、歩きやすいが、展望の良い所は限定的。
浅間岳から地形図の標高172mまで、南側はずっとゴルフ場のフェンス沿いとなる。
大澄山三角点(=最高点、203.1m)には、山頂表示類は見当たらなかった。
大澄山へは参道みたいな道だったが、石碑や石像はなさそうだった。

☆大塚山
絹の道入口から途中までは舗装路、そこから大塚山公園まではオフロード。
大塚山へは色んなルートがあるようで、頂上は史跡的な印象だった。
先日のNHK-BSP 新日本紀行選『多摩丘陵』では、養蚕農家が一軒現存するそう。
チクマ山頂上
2023年05月17日 06:23撮影 by  iPhone 13, Apple
2
5/17 6:23
チクマ山頂上
頂上の雰囲気
2023年05月17日 06:24撮影 by  iPhone 13, Apple
2
5/17 6:24
頂上の雰囲気
ゴンザス尾根(支尾根)分岐
花折戸尾根は駐車場〜標高370m付近は踏み跡不明瞭。
鳩ノ巣駅ではなく、国道トンネルの南側を歩く人が多いのかも。
2023年05月17日 06:32撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 6:32
ゴンザス尾根(支尾根)分岐
花折戸尾根は駐車場〜標高370m付近は踏み跡不明瞭。
鳩ノ巣駅ではなく、国道トンネルの南側を歩く人が多いのかも。
伐採跡地から御前山方面
2023年05月17日 06:53撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
2
5/17 6:53
伐採跡地から御前山方面
標識を撮ったら変なのが写り込んでしまった…
2023年05月17日 07:12撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
2
5/17 7:12
標識を撮ったら変なのが写り込んでしまった…
この種の看板が所々にあった。
2023年05月17日 07:16撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 7:16
この種の看板が所々にあった。
左方向が本仁田山
『鳩の巣駅』を入れて撮ろうとしたら、看板の左端が写っていない。
2023年05月17日 08:00撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 8:00
左方向が本仁田山
『鳩の巣駅』を入れて撮ろうとしたら、看板の左端が写っていない。
町営鳩ノ巣駐車場の真正面
財政豊かな東京にしては珍しい。
七年前のレコで既に通行禁止になっている。
2023年05月17日 08:10撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 8:10
町営鳩ノ巣駐車場の真正面
財政豊かな東京にしては珍しい。
七年前のレコで既に通行禁止になっている。
【ここから浅間岳→大澄山】
浅間岳と羽村大橋方面との分岐点
2023年05月17日 09:22撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 9:22
【ここから浅間岳→大澄山】
浅間岳と羽村大橋方面との分岐点
羽村神社修造記念碑
2023年05月17日 09:37撮影 by  iPhone 13, Apple
1
5/17 9:37
羽村神社修造記念碑
羽村神社から駐車場を見下ろす。
中央から右はグラウンド、左はゴルフ練習場
2023年05月17日 09:38撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 9:38
羽村神社から駐車場を見下ろす。
中央から右はグラウンド、左はゴルフ練習場
山名標識は東屋の梁に設置されている。
2023年05月17日 09:42撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 9:42
山名標識は東屋の梁に設置されている。
浅間岳から大澄山へ
二座通しで歩く人が多いようだった。
2023年05月17日 09:43撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 9:43
浅間岳から大澄山へ
二座通しで歩く人が多いようだった。
右は羽村大橋、左は歩道橋
2023年05月17日 10:04撮影 by  iPhone 13, Apple
2
5/17 10:04
右は羽村大橋、左は歩道橋
道標はよく整備されている。
どの道標にも二座の山名が書かれている。
(撮影失敗)
2023年05月17日 10:08撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 10:08
道標はよく整備されている。
どの道標にも二座の山名が書かれている。
(撮影失敗)
どこかの山頂だが、標識がなく、山名は分からず。
2023年05月17日 10:15撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 10:15
どこかの山頂だが、標識がなく、山名は分からず。
下る途中で朝日山だったと分かる。
2023年05月17日 10:16撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 10:16
下る途中で朝日山だったと分かる。
番神山
2023年05月17日 10:25撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 10:25
番神山
妙見宮は崩壊が甚だしい。
2023年05月17日 10:30撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 10:30
妙見宮は崩壊が甚だしい。
大澄山最高点
標識類は撤去されたのだろうか?
手前は三等三角点、点名は草花村
2023年05月17日 10:59撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 10:59
大澄山最高点
標識類は撤去されたのだろうか?
手前は三等三角点、点名は草花村
大澄山まで100m
2023年05月17日 11:05撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 11:05
大澄山まで100m
山頂の標柱
2023年05月17日 11:09撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 11:09
山頂の標柱
ここから車道とハイキング道でスタート地点へ下山した。
2023年05月17日 11:10撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 11:10
ここから車道とハイキング道でスタート地点へ下山した。
大澄山から市街地の眺望
2023年05月17日 11:19撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
3
5/17 11:19
大澄山から市街地の眺望
大澄山の様子
2023年05月17日 11:20撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
2
5/17 11:20
大澄山の様子
この丸太橋の下は水流がなかった。
2023年05月17日 12:05撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 12:05
この丸太橋の下は水流がなかった。
ゴルフ練習場から多摩川へ、地形図に水線が引かれている地点
2023年05月17日 12:10撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 12:10
ゴルフ練習場から多摩川へ、地形図に水線が引かれている地点
写真の左端の芝生はグラウンド
路面の左右に駐車場があり、100台以上停められると思う。
2023年05月17日 12:16撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 12:16
写真の左端の芝生はグラウンド
路面の左右に駐車場があり、100台以上停められると思う。
【ここから大塚山関係】
大塚山へ行く前に絹の道資料館へ入館
2023年05月17日 13:19撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 13:19
【ここから大塚山関係】
大塚山へ行く前に絹の道資料館へ入館
2023年05月17日 13:20撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 13:20
2023年05月17日 13:20撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 13:20
2023年05月17日 13:21撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 13:21
大塚山の二等三角点、点名は道了
2023年05月17日 13:47撮影 by  iPhone 13, Apple
1
5/17 13:47
大塚山の二等三角点、点名は道了
山頂標示
2023年05月17日 13:47撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
2
5/17 13:47
山頂標示
山頂の様子
2023年05月17日 13:49撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
2
5/17 13:49
山頂の様子
周辺一帯は大塚山公園となっている。
正面の石段と右側のスロープ、どちらからでも行ける。
絹の道としての史跡であり、石碑や案内板がとても多い。
2023年05月17日 13:51撮影 by  iPhone 13, Apple
1
5/17 13:51
周辺一帯は大塚山公園となっている。
正面の石段と右側のスロープ、どちらからでも行ける。
絹の道としての史跡であり、石碑や案内板がとても多い。
道了堂、絹の道、諏訪神社などの説明板
2023年05月17日 13:51撮影 by  iPhone 13, Apple
1
5/17 13:51
道了堂、絹の道、諏訪神社などの説明板
絹の道 資料館 駐車場は7台のみ
駐車料金&入館料は不要
2023年05月17日 14:10撮影 by  TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
1
5/17 14:10
絹の道 資料館 駐車場は7台のみ
駐車料金&入館料は不要

感想

山リスト『奥多摩・多摩の百山』を目指そうと思った時、未踏で最もきつそうな山はチクマ山だった。
鳩ノ巣駅前からの標高差は約730m、この山だけで快晴の一日を終るのは勿体ないので、下山後はアクセスの良さそうな浅間岳と大澄山、大塚山へ行った。

当日は全国的に非常に厚く、多摩丘陵の山でも麓は30度近くあったのではないだろうか。
浅間岳は沢沿いの木陰が多く、比較的短時間で登頂したが、大澄山への行きと帰りは暑さと腰痛に疲れも重なって、苦難に耐える修行のような山行だった。

三座を終えたのは12時過ぎ。
比較的近い網代弁天山と網代城山へ行くには十分な時間があったが、二座へ行くのは心が折れそうな気がした。
なので、登山口としていた駐車場(絹の道資料館)に時間制限のある大塚山のみ行くことにした。

八王子市 絹の道資料館
https://www.city.hachioji.tokyo.jp/kankobunka/003/005/p015671.html
資料館には単独の中年女性が先行していて、私が入館すると「ここから絹の道へ行けますよねぇ?」と話し掛けられた。
私は「ええ、行けますよ。私はそれが目的で来たのです。」と応じた。
駐車場にはその方の車があっただけで、館内にも我々以外にはいなかった。

館内では写真を撮って数分いただけで、管理人に「ありがとうございました」と言って退出し、大塚山へ向かった。
グーグルマップで表示される絹の道には駐車場と書かれた地点があるが、一般車両は進入禁止で、当日は舗装路末端の左側に二台の車があり、男女三人が何らかの調査をしているようだった。
資料館内で言葉を交わした女性とは会わないままだった。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:234人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら