ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 5585108
全員に公開
無雪期ピークハント/縦走
白山

白山周回 〜チブリ尾根、釈迦新道〜

2023年06月07日(水) [日帰り]
 - 拍手
体力度
8
2~3泊以上が適当
GPS
14:36
距離
29.3km
登り
2,777m
下り
2,775m
歩くペース
速い
0.70.8
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
12:34
休憩
1:43
合計
14:17
23:49
0
0:07
0:08
45
1:26
1:28
56
2:24
2:25
77
3:42
3:50
11
4:01
4:22
23
4:45
4:45
59
5:44
5:44
8
5:52
5:58
29
6:27
6:33
16
6:49
6:54
6
7:00
7:00
22
8:19
8:37
30
9:07
9:07
21
9:28
9:29
4
9:47
10:05
1
10:06
10:06
7
10:13
10:13
13
10:26
10:26
13
10:39
10:40
100
12:20
12:28
37
13:05
13:05
23
13:28
13:34
50
14:24
天候 晴れ
過去天気図(気象庁) 2023年06月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
市ノ瀬駐車場(750台)/無料
24H使用可のトイレあり
コース状況/
危険箇所等
■市ノ瀬〜別山(チブリ尾根)
・危険個所なし、雪渓もなし

■別山〜南竜ヶ馬場
・いやらしい雪渓残りが数ヶ所ある、早朝なのもありアイゼン使用
・油坂上部と南竜への登り返し部もまだ雪渓ある

■南竜ヶ馬場〜御前峰〜七倉の辻
・エコーライン使用、下部はあえて雪渓を歩いたので不明
・弥陀ヶ原から御前峰までは雪渓なし
・山頂からお池巡りへの激下り部分は雪渓なし、大汝峰への登り坂も雪渓なし
・七倉の辻手前に雪渓2か所あり、雪が緩んでいたのでツボ足で行けた

■七倉の辻〜前釈迦岳〜市ノ瀬(釈迦新道)
・上部に2か所ほど雪渓残りがある急斜面トラバースがある、しかし今年は雪少なかった影響か雪渓異常に短かった。ツボ足で身長に通過できた。
・南斜面が崩落した箇所もし下部に何となく道が出来ていた、慎重に歩けば問題なし

足元はトレランシューズと12本爪アイゼン使用
慣れた方ならもうチェーンアイゼンで全て歩けると思います

◆トイレ
南竜テント場は開いてなかったです、室堂は冬季トイレ使用可(チップ制)
その他周辺情報 市ノ瀬休憩所  8:45〜17:00 もちろん無料!
https://goo.gl/maps/DD7xAHMdbgbavRW76
初めて使わせて頂いた、下山後タタミスペースで1ほど仮眠
綺麗で快適♪
チブリ尾根からスタート!!
2023年06月06日 23:55撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/6 23:55
チブリ尾根からスタート!!
何気によくできた看板
坊やが看板から飛び出しているのがポイント高い!
2023年06月07日 00:07撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
7
6/7 0:07
何気によくできた看板
坊やが看板から飛び出しているのがポイント高い!
なんやったかな〜(笑)
2023年06月07日 00:31撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 0:31
なんやったかな〜(笑)
ピンボケだけど4本ブナ
2023年06月07日 00:55撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 0:55
ピンボケだけど4本ブナ
ファーストエスカルゴ
ハクサンマイマイか?
2023年06月07日 01:05撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 1:05
ファーストエスカルゴ
ハクサンマイマイか?
セカンドエスカルゴ
これは殻が違うのでハクサンマイマイではない
2023年06月07日 01:06撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 1:06
セカンドエスカルゴ
これは殻が違うのでハクサンマイマイではない
ギンリョウソウは白いのでナイトハイクでも目に留まる
2023年06月07日 01:17撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
3
6/7 1:17
ギンリョウソウは白いのでナイトハイクでも目に留まる
ハリブキは好きなので当然目に留まる(笑)
2023年06月07日 01:36撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
3
6/7 1:36
ハリブキは好きなので当然目に留まる(笑)
ラストエスカルゴ
コレはハクサンマイマイだろう
2023年06月07日 01:44撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 1:44
ラストエスカルゴ
コレはハクサンマイマイだろう
樹林帯を抜けると月明かり
登山者のヘッデンと間違えるくらい明るかった
2023年06月07日 03:34撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
6/7 3:34
樹林帯を抜けると月明かり
登山者のヘッデンと間違えるくらい明るかった
御舎利山でブルーアワー
2023年06月07日 03:52撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
6
6/7 3:52
御舎利山でブルーアワー
とりあえず別山へ
2023年06月07日 03:53撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
3
6/7 3:53
とりあえず別山へ
雲海も良かった
2023年06月07日 04:12撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
7
6/7 4:12
雲海も良かった
別山とオッサン
2023年06月07日 04:17撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
18
6/7 4:17
別山とオッサン
ハクサンイチゲ
直下に咲いてました
2023年06月07日 04:24撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
12
6/7 4:24
ハクサンイチゲ
直下に咲いてました
三の峰方面も雲海
2023年06月07日 04:25撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
6
6/7 4:25
三の峰方面も雲海
御舎利山過ぎたあたりで御来光鑑賞
2023年06月07日 04:46撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
11
6/7 4:46
御舎利山過ぎたあたりで御来光鑑賞
ちょうど雪面あるあたりでラッキー♪
2023年06月07日 04:47撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
5
6/7 4:47
ちょうど雪面あるあたりでラッキー♪
おはようハクサンイチゲ
2023年06月07日 04:58撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
9
6/7 4:58
おはようハクサンイチゲ
正面の台形の山は南白山
2023年06月07日 05:00撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
5
6/7 5:00
正面の台形の山は南白山
水の滴るバカマさん
2023年06月07日 05:06撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
3
6/7 5:06
水の滴るバカマさん
振り返って御舎利と大屏風
2023年06月07日 05:10撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
3
6/7 5:10
振り返って御舎利と大屏風
コバイケイソウかな
2023年06月07日 05:13撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
6/7 5:13
コバイケイソウかな
大屏風を過ぎるとほぼ夏道
2023年06月07日 05:30撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
6/7 5:30
大屏風を過ぎるとほぼ夏道
天池はまだ雪の下
2023年06月07日 05:49撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
6/7 5:49
天池はまだ雪の下
釈迦岳とシゲジ
この辺りは眠気ピークで行ける自信がなかった
2023年06月07日 05:52撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 5:52
釈迦岳とシゲジ
この辺りは眠気ピークで行ける自信がなかった
雪渓の残り方みてコースをチョイス
赤線部分を歩いてエコーラインに合流したけど、少々強引だったかもしれない
2023年06月07日 06:11撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
4
6/7 6:11
雪渓の残り方みてコースをチョイス
赤線部分を歩いてエコーラインに合流したけど、少々強引だったかもしれない
サンカヨウ
もうオクルミはなかった、残念!(>_<)
2023年06月07日 06:26撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
4
6/7 6:26
サンカヨウ
もうオクルミはなかった、残念!(>_<)
南竜へ
2023年06月07日 06:43撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
6/7 6:43
南竜へ
テンバはもう地面出てます
2023年06月07日 06:59撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 6:59
テンバはもう地面出てます
振り返って油阪
夏道上部はまだ雪渓あり
2023年06月07日 07:10撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
6/7 7:10
振り返って油阪
夏道上部はまだ雪渓あり
雪を拾って適当に登る
ここらへん超楽しかった♪
2023年06月07日 07:34撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
4
6/7 7:34
雪を拾って適当に登る
ここらへん超楽しかった♪
振り返ると男前な別山
2023年06月07日 07:43撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
4
6/7 7:43
振り返ると男前な別山
左 赤兎山、その奥に経ヶ岳
右は大長山
2023年06月07日 07:51撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
3
6/7 7:51
左 赤兎山、その奥に経ヶ岳
右は大長山
中央右が荒島岳
左奥は能郷白山かな
2023年06月07日 07:52撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
6/7 7:52
中央右が荒島岳
左奥は能郷白山かな
室堂
2023年06月07日 08:23撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
6/7 8:23
室堂
600円なり
缶は記念に持ち帰った(笑)
2023年06月07日 08:34撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
9
6/7 8:34
600円なり
缶は記念に持ち帰った(笑)
山頂で定番ショット
2023年06月07日 09:12撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
5
6/7 9:12
山頂で定番ショット
今年は意外と早く来ました。
昨年は初登頂が12月だったので(汗
2023年06月07日 09:13撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
10
6/7 9:13
今年は意外と早く来ました。
昨年は初登頂が12月だったので(汗
千蛇ヶ池
池の上になんて行けるわけない
2023年06月07日 09:29撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 9:29
千蛇ヶ池
池の上になんて行けるわけない
大汝へ
夏道に雪渓なし
2023年06月07日 09:35撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
6/7 9:35
大汝へ
夏道に雪渓なし
こちらも定番ショット
2023年06月07日 09:52撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
5
6/7 9:52
こちらも定番ショット
久しぶりに三山登頂
2023年06月07日 09:54撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
13
6/7 9:54
久しぶりに三山登頂
東側は雲だらけ
でもこれはこれで良かった、北アルプスの展望は飽きているしね
2023年06月07日 10:02撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
6/7 10:02
東側は雲だらけ
でもこれはこれで良かった、北アルプスの展望は飽きているしね
七倉の辻へ
この見晴らしで元気出た
2023年06月07日 10:16撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 10:16
七倉の辻へ
この見晴らしで元気出た
御手水鉢
水無いの見たことない
2023年06月07日 10:30撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 10:30
御手水鉢
水無いの見たことない
こちらにもハクサンイチゲ
まだ子供が多かった
2023年06月07日 10:32撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
6
6/7 10:32
こちらにもハクサンイチゲ
まだ子供が多かった
シナノキンバイだと思う
黄色のはなはそれしか知らんし
2023年06月07日 10:41撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
6
6/7 10:41
シナノキンバイだと思う
黄色のはなはそれしか知らんし
四塚山は…、勘弁しといたる!
弾丸登山では無理っす
2023年06月07日 10:44撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
3
6/7 10:44
四塚山は…、勘弁しといたる!
弾丸登山では無理っす
通行止めの看板が消えている!
これだけでテンション上がる
2023年06月07日 10:45撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
5
6/7 10:45
通行止めの看板が消えている!
これだけでテンション上がる
眼下にシゲジと釈迦岳
2023年06月07日 10:47撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 10:47
眼下にシゲジと釈迦岳
雪渓トラバースもこの程度
今年は雪少ない
2023年06月07日 11:05撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 11:05
雪渓トラバースもこの程度
今年は雪少ない
こちらにもハクサンイチゲ
一番上手く撮れた
2023年06月07日 11:10撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
4
6/7 11:10
こちらにもハクサンイチゲ
一番上手く撮れた
こうしてみると釈迦岳って結構いびつな形
棚田みたい
2023年06月07日 11:20撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 11:20
こうしてみると釈迦岳って結構いびつな形
棚田みたい
振り返って大汝と御宝庫
大汝の巻き道クッキリ
2023年06月07日 11:20撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
4
6/7 11:20
振り返って大汝と御宝庫
大汝の巻き道クッキリ
キヌガサソウ
花は大ぶりか群生が好き
2023年06月07日 11:21撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
7
6/7 11:21
キヌガサソウ
花は大ぶりか群生が好き
こちらは湿地みたいな場所に群生
もちろん花の名前は分からない
2023年06月07日 11:27撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
4
6/7 11:27
こちらは湿地みたいな場所に群生
もちろん花の名前は分からない
崩落個所
雪渓が残っているとかなりいやらしい場所
下部にうっすら踏み跡あり
2023年06月07日 11:31撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
6/7 11:31
崩落個所
雪渓が残っているとかなりいやらしい場所
下部にうっすら踏み跡あり
団子三兄弟はシゲジ
もうこのフレーズが定着
2023年06月07日 11:34撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
3
6/7 11:34
団子三兄弟はシゲジ
もうこのフレーズが定着
釈迦岳へ
ピークはスルー
2023年06月07日 11:45撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 11:45
釈迦岳へ
ピークはスルー
水芭蕉があった
まあ事前調査で知っていたけど…
2023年06月07日 11:47撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
3
6/7 11:47
水芭蕉があった
まあ事前調査で知っていたけど…
ハクサン千鳥
千鳥があんなに売れるとはビックリってなんの話や〜
2023年06月07日 11:52撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
6
6/7 11:52
ハクサン千鳥
千鳥があんなに売れるとはビックリってなんの話や〜
釈迦新道にしか生えないというあの花に似ていた
なんだろう?、まあ私に分かるわけないけど…
2023年06月07日 11:55撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
8
6/7 11:55
釈迦新道にしか生えないというあの花に似ていた
なんだろう?、まあ私に分かるわけないけど…
ネマガリタケ
もちろん採ってませんしこの頃には採る馬力もありません
2023年06月07日 11:58撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
6/7 11:58
ネマガリタケ
もちろん採ってませんしこの頃には採る馬力もありません
振り返って四塚山、七倉山、大汝
この辺りはとても好きな場所、もっと雪があれば更に良かったが
2023年06月07日 12:08撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 12:08
振り返って四塚山、七倉山、大汝
この辺りはとても好きな場所、もっと雪があれば更に良かったが
〜参考〜 2016.5.2撮影
この景色が見たかった、また来年!
5
〜参考〜 2016.5.2撮影
この景色が見たかった、また来年!
前釈迦岳
正面の鎧壁が見事
2023年06月07日 12:27撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 12:27
前釈迦岳
正面の鎧壁が見事
別山は残念
よって「あそこから来たんだな〜」の悦には浸れず
2023年06月07日 12:28撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
6/7 12:28
別山は残念
よって「あそこから来たんだな〜」の悦には浸れず
久しぶりに飛越新道から黒部五郎も行ってみたい
2023年06月07日 13:01撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
6/7 13:01
久しぶりに飛越新道から黒部五郎も行ってみたい
デザートのブナ林ゾーンへ♪
2023年06月07日 13:02撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
6/7 13:02
デザートのブナ林ゾーンへ♪
今頃顔出したか別山
男前に焦らされた
2023年06月07日 13:04撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
6/7 13:04
今頃顔出したか別山
男前に焦らされた
ブナ林は相変わらず見事だった
2023年06月07日 13:08撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 13:08
ブナ林は相変わらず見事だった
太陽がてっぺんにある時間帯が一番
2023年06月07日 13:09撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
4
6/7 13:09
太陽がてっぺんにある時間帯が一番
こんな倒木あったっけ?
2023年06月07日 13:35撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
1
6/7 13:35
こんな倒木あったっけ?
この水場はよく覚えている
2023年06月07日 13:38撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
6/7 13:38
この水場はよく覚えている
崩落個所
上の方の大岩が落ちたら新設した橋もヤバいだろう
そうならないことを願うばかり
2023年06月07日 13:40撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 13:40
崩落個所
上の方の大岩が落ちたら新設した橋もヤバいだろう
そうならないことを願うばかり
ここは修復する気ないようだ
2023年06月07日 13:42撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 13:42
ここは修復する気ないようだ
ショートカット道部分にある重機。
こんなものでも懐かしく感じれたし荷台のクサソテツも笑えた
2023年06月07日 14:14撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
2
6/7 14:14
ショートカット道部分にある重機。
こんなものでも懐かしく感じれたし荷台のクサソテツも笑えた
ゴール!
私の定位置は大木の下です
2023年06月07日 14:29撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
3
6/7 14:29
ゴール!
私の定位置は大木の下です
弾丸登山でクタクタ
初めて休憩所を利用させて頂きました

おしまい
2023年06月07日 14:55撮影 by  DSC-RX100M3, SONY
7
6/7 14:55
弾丸登山でクタクタ
初めて休憩所を利用させて頂きました

おしまい

感想

5月中旬に会社の引継ぎで「釈迦新道開いたらしいよ〜」とnakkiさんからご報告。
「山登ってないアンタがなんでそんな最新情報を?」と思った。もしかしてヤマレコ上げてないだけでコッソリ登っているのかも?(笑)

とにかく聞いたその日から次の行先は釈迦新道と決めていた。…が、妻との山行など既に予定してた事もあったし、天候が思わしくなかったりと中々行けず。その間に私がよく観させて頂いている方々が次から次へと釈迦新道のレコをアップされていた。
ハンカチ噛みしめながらそのレコを観ること約3週間、やっと自分の番が回ってきた。コースは最初から決めていてチブリ尾根と釈迦新道を歩く三山周回、どちらから登るかは少し迷ったけど、今の自分が三山周回するには明るくなってからでは厳しすぎる。しかし真っ暗で釈迦新道歩いてもしょうがないのでチブリからで決定。0時スタートすれば御来光鑑賞も出来るしね。

前日の仕事終わりが21時過ぎで市ノ瀬着いたのが23時過ぎくらい。いつもなら2時間くらい仮眠するところだがそのままスタート!、睡眠なしの弾丸登山はいつ以来だろうか?今回は登る前からヤル気満々だった。
真っ暗のチブリ尾根は何度も歩いている、この時期は前半カエルが応援してくれるので結構楽しい、中盤からは登山道を横断中のハクサンマイマイに注意しながら歩いた。
4時前に御舎利山到着、ほぼ予定通り。日の出は4時半過ぎなのでブルーアワー楽しみながら別山へ。20分ほど粘ってみたけどソコソコ寒いしやることが無い。結局南竜に歩き始めてしまい、御舎利をトラバースしたあたりで御来光鑑賞となった。稜線から出た感じではなかったけどまあまあ良かった。
今回はロングなので足元はトレランシューズ、朝方のカチコチ雪渓では滑りまくり。御舎利〜別山間はツボ足で歩いたが少々怖かった。御舎利のトラバースからこまめにアイゼン付けて歩行、チェーンアイゼンなら夏道もほぼ普通に歩けるけど12本爪アイゼンだと外すしかないので南竜まで5回くらい脱着をくり返した。

油坂の下り区間ととエコーラインの登り区間で夏道外して雪渓歩き♪、滑ったらアウトなので12本アイゼン持ってきて良かった。この日はお昼前まで快晴でエコーライン上部から振り返って見る別山がカッコ良すぎた。
弥陀ヶ原に出て室堂へ。南竜まではソロの男性御一人としか会わなかったがメインルートに出るとそれなりに登山者がおられた。時間的にも余裕があったし天気も変わらず良かったので室堂で麦酒を頂いた!。雲一つない御前峰を眺めながら飲むビールは超美味かったのでこの空き缶は記念に持ち帰ることにした(笑)

御前峰はソコソコ人がおられたのでピンポンダッシュして大汝へ。大汝は貸し切りだろうと高を括っていたが、女性二人組が先におられ自分が休憩中にソロの男性も登ってこられた、結構人気ある。この二組がお話されていたので聞き耳をたてていたら女性お二人は釈迦新道からと言っておられた。最初に天池あたりでスライドした男性も昨日釈迦新道から登ったと言っておられた。やっぱり皆さん思うことは一緒だな。

大汝を下るあたりからは白山らしい景色に大興奮、途中少し眠かったがここら辺から復活。しかしオプションプランの四塚山はスルーさせて頂いた。(汗
約5年ぶりの釈迦新道はかなり新鮮でよかった、ここまで雪融けが進んだ時期に歩くのは更に前なので「あ〜、こんなところあったな〜」と記憶を蘇らせながら歩けばあっという間に釈迦岳前峰に到着。白山釈迦岳の方は昨年バリルートで登ったのでスルーした。
釈迦岳前峰から別山を見て「あそこから来たんだな〜」と悦に浸りたかったが見えず(>_<)、でも鎧壁は相変わらずダイナミックで良かった。ここからはしばらく見どころ無いのでトレランシューズの威力でサッと通過。そしてもう一つのお目当てであるブナ林ゾーンに入る。巨木が多い釈迦新道のブナ林は相変わらず良い、新緑のピークは過ぎている感じだけど十分楽しめた。ブナ林はお日様がてっぺんにいる時間帯が一番きれいだと思っているので今回は全て上手くいったと思う。
林道に出てから最後の消化試合、指尾山の崩落はまたいつ起きても不思議ではない感じだった。

14時半頃無事周回完了、さすがにクタクタ。眠気もMAXだったので市ノ瀬休憩所を初めて利用させていただいた。入ったときはなんと貸切、畳スペースで1Hほど仮眠したが快適そのものであった。また利用しよう!

釈迦新道は6年間通行止めであった。理由は指尾山の崩落によるコンクリート橋流出が原因なだけで行こうと思えば行けるし、実際初年度はゴメンナサイして行っていた。でも翌年度からはなんか気が引けるというか悪い気がして敢えて避けていた。岩間道みたいにもう通行再開することはないだろうと思っていたので聞いたときはビックリしたと同時に嬉しかった。

山のルールも守ったり守らなかったり、結局は自分勝手。ちなみに白山は夜間登山禁止だ…。(^_^;)

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:761人

コメント

こんにちはー☺️
チブリ釈迦周回お疲れさまでした
自分も今年やろうかと思ってました、

やっぱりkiyaさん チブリIN釈迦OUTするかなぁと思ってました😄
いい天気でうらやましいです☀️

それと泥濘水芭蕉の登山道みると飛越トンネルからの道思い出しますね、飛越トンネルから黒部五郎久しぶりに僕も予定してますよ😆

昨日はお疲れさまでした
2023/6/8 12:31
コースまでバレてましたか(笑)
周回だと白山禅定道かチブリ尾根の2択ですが、今回はモチベもあったので頑張ってみました。
天気は雨じゃなければ行く気満々でした、もっと言えば多少の雨でも行っていたかもしれません。なのでいいお天気に恵まれてラッキーでした。

たむたけさん、さすがですね!
お化け水芭蕉のキャプションは殆どの方が「はぁ?」になると思ったのですが、現場で本当にそう思ったので書きました。気づいていただけるだけで嬉しいです(^.^)
しかも行く予定ですか!、たむたけさんも偶にへんてこりんというか変わったところ行かれますよね?。お金はかかりますが折立から行く方が多い気がします。

レコ楽しみにしてますよ!
2023/6/8 14:35
48:ミヤマキンバイ
57:リュウキンカ
です。3は調べましたけど分かりませんでした。

大木の下に駐車するのは、とめた場所を忘れてしまうからですよね?
私もスーパーでカート置き場の近くにとめたりしますよ、カート使わないのに。
色々苦労しますよね、わかりますわかります←そうじゃない

nakkiさんもお元気そうでなにより。
2023/6/9 8:41
あざーす!
48は結構自信あったのですが違うんですね(>_<)
ミヤマキンバイもシナノキンバイも同じに見えます、山菜みたいに食べれたら一発で覚えられるんですが(笑)

下山したとき日陰になっているからですよ、目印の意味もありますが
今時期の市ノ瀬でマイカー見つけられんようなら相当ヤバいっしょ!

nakkiさんは元気ですよ、会社の引き継ぎで仕事の話聞いたことありません。

そうですかー、3が一番知りたかったのに残念です(>_<)
2023/6/9 9:31
きやさん、3枚目はサンカヨウの実です
青くなる前のフレッシュな奴ですね(^_-)-☆
そして、ミヤマとシナノは花の大きさが違いすぎですよ
ミヤマは2cm前後、シナノは5cm前後と存在感あるお花です!!
で、63枚目は...多分、アレ♡
花びらが小桜と違い「♡」
来週あたり晴れれば嫁様のご希望で釈迦新道詣でしてきます!!
アレの情報、感謝です!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

追伸
nakkiちゃんにレコを楽しみにしてる奴も居るんだから
たまには山歩き&レコアップしろ!!!!!!!!
ってお伝えください
2023/6/9 18:06
またまたご冗談を!!!
私が花に疎いからと言って揶揄わないでください、流石にサンカヨウは知ってます。
あの白い花からあんな実がなる訳ないでしょう。

花の大きさで区別!!!
そんなん分かるわけ無いですf^_^;。流石としさん!

やっぱりアレですかね、でも草刈りされた登山道脇にポツンと1つあっただけなんで違和感ありました。場所はログから分かると思いますが湯の谷乗越近くまで行かないと無いですよ。まあとしさんがスルーは無いでしょうけど、それくらい目立たない場合です。
えっ、ヒロさんも行くんすか?。なら場所案内で私も行こうかなぁ(笑

nakkiさんは山は歩いて無いと思いますが、山のブログ等は観ていて、それで知ったようです。秋にライブ仲間と涸沢行くとか言ってましたよ(^。^)
2023/6/9 20:23
きやさん、冗談じゃなくってサンカヨウの実です
ココから熟すとブルーベリーみたいな色に変わりますよ&🤗
因みに今日の小原峠近くのサンカヨウは全てこんな状況でした😢
2023/6/10 20:04
そうですかー、じゃあサンカヨウって事にしておきましょう。
ランちゃんが調べても分からないのに流石ですね!
2023/6/10 22:36
ありがとうございます(^。^)
って言うか早起きの方がビックリ‼︎
私はちなみに夜勤中
2023/6/11 4:24
憧れのルート、そして一生の憧れに終わりそうなルート
さすがきやさんですね😵
羨ましすぎて今度は私がハンカチ噛んでます笑
最近白山行けてないので行きたい熱が増しました😆
もちろんノーマルルートで…
2023/6/11 23:13
勝手知ったる山か遠征先かの違いだけですよ、逆に私は鈴鹿を縦横無尽に歩けませんから。

まこさんには是非釈迦新道歩いてもらいたいです、そしてどのような感想を書かれるのか読んでみたい!。市ノ瀬から釈迦新道→七倉の辻→御前峰→砂防新道or観光新道で別当出合までのコースならそんなにハードでは無いですよ。交通規制が始まれば別当出合→市ノ瀬はバスが使えます。
是非旦那様に提案してみて下さいませ!(^.^)
2023/6/12 12:51
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

無雪期ピークハント/縦走 白山 [日帰り]
白山(白山禅定道〜釈迦新道周回)
利用交通機関: 車・バイク
技術レベル
2/5
体力レベル
4/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら