また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4584174 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 剱・立山

剱岳 八ツ峰

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年08月11日(木) ~ 2022年08月13日(土)
メンバー
 arrow1025(CL)
 shoji1971(SL)
天候くもり
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
立山ケーブル 高原バスの往復券 6320円
経路を調べる(Google Transit)
GPS
20:16
距離
12.8 km
登り
1,824 m
下り
1,719 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間32分
休憩
30分
合計
5時間2分
Sホテル立山09:1409:21みくりが池09:25みくりが池温泉09:2909:41雷鳥荘09:54雷鳥沢キャンプ場10:04浄土橋10:0512:04剱御前小舎12:2914:16剱沢キャンプ場
2日目
山行
12時間7分
休憩
3時間3分
合計
15時間10分
剱沢キャンプ場03:3803:44剱澤小屋04:48平蔵谷出合07:29V,VIコル07:5108:32八ツ峰六峰Aフェース08:4108:45八ツ峰六峰Cフェース08:5112:14池ノ谷乗越13:1414:04長次郎ノ頭14:0514:26長次郎のコル14:4114:53劔岳14:5515:09剱岳15:2115:25カニのハサミ15:3015:40カニのヨコバイ15:5115:54カニの縦バイ15:5515:58平蔵の頭16:1816:32前劔の門16:3916:48前剱16:4917:46一服剱17:5418:10剣山荘18:1118:35剱澤小屋18:3618:47剱沢キャンプ場18:4818:48ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2022年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 八ッ峰 アタック時の装備 水2L 行動食(×2 ビタ1ゼリー×2) ヘルメット。ハーネス等 
共同装備 チェルト ロープ ガスコンロ 救急箱

写真

関西を前日19時30分に出発 8月11日 2時頃付近で仮眠。仮眠ののち、5時30分立山駅到着。 6時に切符購入 7時50分発
2022年08月11日 07:34撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
関西を前日19時30分に出発 8月11日 2時頃付近で仮眠。仮眠ののち、5時30分立山駅到着。 6時に切符購入 7時50分発
立山駅前 まったりと1時間30分 朝食タイム
駅前には、酒屋、食堂も開店していた。(7時30分確認)
2022年08月11日 07:37撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山駅前 まったりと1時間30分 朝食タイム
駅前には、酒屋、食堂も開店していた。(7時30分確認)
称名滝 滝見台より
2022年08月11日 08:22撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
称名滝 滝見台より
室堂到着  9:20 みくりが池
2022年08月11日 09:19撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂到着  9:20 みくりが池
地獄谷と大日連山
2022年08月11日 09:29撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄谷と大日連山
9:55雷鳥沢キャンプ場通過
さすが、ハイシーズン、家族ずれや、赤子の鳴き声まで聞こえる。
2022年08月11日 09:54撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:55雷鳥沢キャンプ場通過
さすが、ハイシーズン、家族ずれや、赤子の鳴き声まで聞こえる。
乗越へ直登
2022年08月11日 10:15撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乗越へ直登
チングルマ。コロナ感染自粛の影響もあり長らくお会い出来なかったので感無量です。この後様々な高山植物と出会いました。
2022年08月11日 11:13撮影 by iPhone SE (3rd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマ。コロナ感染自粛の影響もあり長らくお会い出来なかったので感無量です。この後様々な高山植物と出会いました。
お花畑とおじ様方。
2022年08月11日 11:14撮影 by iPhone SE (3rd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お花畑とおじ様方。
2
8月12日 3時38分 劔沢キャンプ場出発
ひたすら劔沢を下る
04:31 雪渓がでてきたためアイゼン装着。
2022年08月12日 04:31撮影 by iPhone SE (3rd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8月12日 3時38分 劔沢キャンプ場出発
ひたすら劔沢を下る
04:31 雪渓がでてきたためアイゼン装着。
1
04:41 源次郎尾根取付き点を過ぎて長次郎谷に向かいます。
2022年08月12日 04:41撮影 by iPhone SE (3rd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
04:41 源次郎尾根取付き点を過ぎて長次郎谷に向かいます。
1
05:06 2時間弱かけ長次郎谷を詰めます。
2022年08月12日 05:06撮影 by iPhone SE (3rd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:06 2時間弱かけ長次郎谷を詰めます。
1
05:38 本当に急です。ピッケルかストック ストックの方が楽だったのではないかとのこと
2022年08月12日 05:38撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:38 本当に急です。ピッケルかストック ストックの方が楽だったのではないかとのこと
05:49 岩と雪渓の隙間。落ちたら怖いので優しく、素早く通過。
2022年08月12日 05:49撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:49 岩と雪渓の隙間。落ちたら怖いので優しく、素早く通過。
05:56  アイゼンで岩を越す
2022年08月12日 05:56撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
05:56  アイゼンで岩を越す
06:15 熊の岩が見えてきた。
2022年08月12日 06:15撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:15 熊の岩が見えてきた。
06:22 後立山連峰が見えてきた。
2022年08月12日 06:22撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:22 後立山連峰が見えてきた。
6:33 熊の岩でテントを張り、6峰フェース群を楽しむ人も多い。
2022年08月12日 06:33撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:33 熊の岩でテントを張り、6峰フェース群を楽しむ人も多い。
1
06:38 熊の岩の対面あたり 右手に5.6のコル 深いくぼみが目印。
2022年08月12日 06:38撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:38 熊の岩の対面あたり 右手に5.6のコル 深いくぼみが目印。
06:47 取付きから約2時間 長次郎谷の雪渓を登攀 
5.6のコルの直下に到着。
2022年08月12日 06:47撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
06:47 取付きから約2時間 長次郎谷の雪渓を登攀 
5.6のコルの直下に到着。
コルから右から順に 6峰 Aフェース、Bフェース
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルから右から順に 6峰 Aフェース、Bフェース
(6:50)熊の岩。テントが数はり確認できます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(6:50)熊の岩。テントが数はり確認できます。
07:04 5.6のコルと6峰Aフェース
2022年08月12日 07:04撮影 by FinePix XP140 XP141 XP145, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:04 5.6のコルと6峰Aフェース
1
07:28 ここが八ッ峰上半の取付き。Aフェースはロープがいるけど、ここだと不要。(コルの一番奥。頂上部分) これを超えると三の窓側
2022年08月12日 07:28撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:28 ここが八ッ峰上半の取付き。Aフェースはロープがいるけど、ここだと不要。(コルの一番奥。頂上部分) これを超えると三の窓側
1
07:31 三の窓側 
2022年08月12日 07:31撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:31 三の窓側 
07:31 6峰 ピークをめざす。
2022年08月12日 07:31撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:31 6峰 ピークをめざす。
07:36 後ろを振り返ると、5峰がそびえ立つ。中腹に下降中のチーム。この後、小さなアクシデント。予定に無い懸垂下降。と懸垂下降後、ロープが回収できない。T確認不足。(注意喚起ができた。)と、ルートは複数あることが分かった。
2022年08月12日 07:36撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
07:36 後ろを振り返ると、5峰がそびえ立つ。中腹に下降中のチーム。この後、小さなアクシデント。予定に無い懸垂下降。と懸垂下降後、ロープが回収できない。T確認不足。(注意喚起ができた。)と、ルートは複数あることが分かった。
(8:40)雨が降ってきたので雨具装着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(8:40)雨が降ってきたので雨具装着。
09:16 6峰Cフェース頭からの懸垂準備(1ピッチ目)
2022年08月12日 09:16撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:16 6峰Cフェース頭からの懸垂準備(1ピッチ目)
09:19 懸垂開始 次の7峰には、先行するチームがスラブを登っている。
2022年08月12日 09:19撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:19 懸垂開始 次の7峰には、先行するチームがスラブを登っている。
9:38  本峰はガスの中
2022年08月12日 09:38撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:38  本峰はガスの中
9:38 今度は、後立山も行ってみたい。
2022年08月12日 09:38撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:38 今度は、後立山も行ってみたい。
9:45 ここを下りるのか。
2022年08月12日 09:45撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:45 ここを下りるのか。
09:45 6峰下り懸垂中 (2ピッチ目)
2022年08月12日 09:45撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
09:45 6峰下り懸垂中 (2ピッチ目)
(09:46) 6峰下り懸垂中 (2ピッチ目) 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(09:46) 6峰下り懸垂中 (2ピッチ目) 
9:47 雨も止んだぞ
2022年08月12日 09:47撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:47 雨も止んだぞ
10:01 6峰下り懸垂中 (2ピッチ目)
2022年08月12日 10:01撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:01 6峰下り懸垂中 (2ピッチ目)
10:16 7峰は巻き道がありますがせっかくなので登ります。
2022年08月12日 10:16撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:16 7峰は巻き道がありますがせっかくなので登ります。
10:17 振り返って先ほど懸垂下降をした6峰下り
2022年08月12日 10:17撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:17 振り返って先ほど懸垂下降をした6峰下り
10:36 7峰ピークあたりから通過した6峰方向
2022年08月12日 10:36撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:36 7峰ピークあたりから通過した6峰方向
10:40 7峰の降下箇所を探しています。
2022年08月12日 10:40撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:40 7峰の降下箇所を探しています。
10:40 どんどん攻める。
2022年08月12日 10:40撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:40 どんどん攻める。
10:43 いよいよ末端か
2022年08月12日 10:43撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:43 いよいよ末端か
10:43 対岸の8峰のスラブ これも険しそうだな
2022年08月12日 10:43撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:43 対岸の8峰のスラブ これも険しそうだな
1
10:48 7峰下り 懸垂下降準備 ロープダウン
2022年08月12日 10:48撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:48 7峰下り 懸垂下降準備 ロープダウン
10:55 7峰 懸垂下降中
2022年08月12日 10:55撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:55 7峰 懸垂下降中
11:26 ガスの中のクレオパトラニードル 多分
2022年08月12日 11:26撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:26 ガスの中のクレオパトラニードル 多分
11:42 8峰から狭いコルへの懸垂 支点が腰より下にある。
短い降下の連続。後方に2グループ待ち。後ろが詰まってきたら、降下後は、素早くロープを引き抜きルートを外れる必要がある。T ロープの扱いに手間取る。こんな時も慌てることなく、安全に配慮し、対処する必要がある。
2022年08月12日 11:42撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:42 8峰から狭いコルへの懸垂 支点が腰より下にある。
短い降下の連続。後方に2グループ待ち。後ろが詰まってきたら、降下後は、素早くロープを引き抜きルートを外れる必要がある。T ロープの扱いに手間取る。こんな時も慌てることなく、安全に配慮し、対処する必要がある。
12:19 八ッ峰の頭を登攀中、8峰降下準備中の後ろチーム
2022年08月12日 12:19撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:19 八ッ峰の頭を登攀中、8峰降下準備中の後ろチーム
12:22 これで終わりか?対岸は、北方稜線ルート。これも険しそう?
対岸のこのスラブ、北方稜線のルートであるがルートを間違えれば落石を起こすことになる。赤ペイントでルートを書いてくれているが(取付きのみ)、勘違いしやすそう。ルートが正しければ落石は抑えられる。
2022年08月12日 12:22撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:22 これで終わりか?対岸は、北方稜線ルート。これも険しそう?
対岸のこのスラブ、北方稜線のルートであるがルートを間違えれば落石を起こすことになる。赤ペイントでルートを書いてくれているが(取付きのみ)、勘違いしやすそう。ルートが正しければ落石は抑えられる。
12:27 八ッ峰の頭 降下点を探ってくれてます。
2022年08月12日 12:27撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:27 八ッ峰の頭 降下点を探ってくれてます。
12:30 八ッ峰の頭の下り 懸垂下降準備へ
2022年08月12日 12:30撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:30 八ッ峰の頭の下り 懸垂下降準備へ
12:53 池の谷乗越にて小休止
2022年08月12日 12:53撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:53 池の谷乗越にて小休止
(12:54)池の谷乗越から北方稜線へのスラブを見上げる。
赤ペイントでルートを書いてくれているが(取付きのみ)、どうも勘違いしい。よく見極めてください。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(12:54)池の谷乗越から北方稜線へのスラブを見上げる。
赤ペイントでルートを書いてくれているが(取付きのみ)、どうも勘違いしい。よく見極めてください。
12:54 池の谷乗腰より通過してきた八ッ峰 左稜線
2022年08月12日 12:54撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:54 池の谷乗腰より通過してきた八ッ峰 左稜線
13:02 北方稜線より、通過してきた八ッ峰上半
2022年08月12日 13:02撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:02 北方稜線より、通過してきた八ッ峰上半
1
13:02 北方稜線に入って初めての斜面から八ッ峰の頭を振り返る。後方のチームがクライムダウン中。
2022年08月12日 13:02撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:02 北方稜線に入って初めての斜面から八ッ峰の頭を振り返る。後方のチームがクライムダウン中。
13:03 八つ峰 上半全景
2022年08月12日 13:03撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:03 八つ峰 上半全景
13:05八ッ峰上半全景
2022年08月12日 13:05撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:05八ッ峰上半全景
13:08 八ッ峰上半全景連続写真? 一番左はチンネ
2022年08月12日 13:08撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:08 八ッ峰上半全景連続写真? 一番左はチンネ
13:08 八ッ峰上半全景連続写真?
2022年08月12日 13:09撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:08 八ッ峰上半全景連続写真?
13:10 通過してきた6峰から8峰、八ッ峰の頭
2022年08月12日 13:10撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:10 通過してきた6峰から8峰、八ッ峰の頭
13:13 本峰はまだ遠い。北方稜線をまだ、2時間はかかる。1回の懸垂と、2つのピークを越える必要がある
2022年08月12日 13:12撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:13 本峰はまだ遠い。北方稜線をまだ、2時間はかかる。1回の懸垂と、2つのピークを越える必要がある
13:13 劔沢キャンプ場が見える。あそこまで帰らないと。
2022年08月12日 13:12撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:13 劔沢キャンプ場が見える。あそこまで帰らないと。
13:13 左 八ッ峰 長次郎谷を挟んで、右 源次郎尾根
2022年08月12日 13:13撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:13 左 八ッ峰 長次郎谷を挟んで、右 源次郎尾根
1
13:14 北方稜線より北方面 富山平野と富山湾が良く見える
2022年08月12日 13:14撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:14 北方稜線より北方面 富山平野と富山湾が良く見える
13:18 本峰と、北方稜線。でかいピークが見えるがなぁ。
2022年08月12日 13:18撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:18 本峰と、北方稜線。でかいピークが見えるがなぁ。
13:21 劔岳本峰と、劔沢キャンプ場 色とりどりのテントが小さく見えている。
2022年08月12日 13:21撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:21 劔岳本峰と、劔沢キャンプ場 色とりどりのテントが小さく見えている。
13:29 後立山連峰
2022年08月12日 13:29撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:29 後立山連峰
13:38 長次郎谷と、八ッ峰下半
2022年08月12日 13:38撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:38 長次郎谷と、八ッ峰下半
14:09 激下り 懸垂ポイント
2022年08月12日 14:09撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:09 激下り 懸垂ポイント
14:36 少し余裕ができて高山植物
2022年08月12日 14:36撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:36 少し余裕ができて高山植物
14:46 通過したピーク(14:09)を振り返る
2022年08月12日 14:46撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:46 通過したピーク(14:09)を振り返る
15:00 本峰への最後の登り
2022年08月12日 15:00撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:00 本峰への最後の登り
15:17 劔岳山頂 四等三角点 
劔沢キャンプ場に向け別山ルートで下山開始
2022年08月12日 15:17撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:17 劔岳山頂 四等三角点 
劔沢キャンプ場に向け別山ルートで下山開始
15:29 激下り
2022年08月12日 15:29撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:29 激下り
17:18   17:46一服劔通過データーを考慮すると眼下のピークは一服劔
2022年08月12日 17:18撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17:18   17:46一服劔通過データーを考慮すると眼下のピークは一服劔
17:33 一服劔あたりで
18:35 劔沢小屋
18:47 劔沢キャンプ場 到着 しんどくてしゃべられへん。T
2022年08月12日 17:33撮影 by iPhone SE (3rd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17:33 一服劔あたりで
18:35 劔沢小屋
18:47 劔沢キャンプ場 到着 しんどくてしゃべられへん。T
17:33 一服劔あたりで
2022年08月12日 17:33撮影 by iPhone SE (3rd generation), Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17:33 一服劔あたりで
1
8月13日 8:15 劔岳CP出発
2022年08月13日 08:37撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8月13日 8:15 劔岳CP出発
1
ありがとう劔岳
2022年08月13日 08:52撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありがとう劔岳
9:30ごろ 劔御前小舎 眼下に雷鳥沢CP
2022年08月13日 09:58撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:30ごろ 劔御前小舎 眼下に雷鳥沢CP
立山って人気あるのんわかるわ。
2022年08月13日 10:53撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山って人気あるのんわかるわ。
11:20 室堂ターミナル到着 
2022年08月13日 11:41撮影 by SH-M12, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:20 室堂ターミナル到着 

感想/記録

憧れの八ッ峰に行ってきました。
残念ながら企画してくれたNさんが、所用で行けなくなり、人数減で行くのは少し不安でしたが しっかりと計画は引き継がれ、山行経験豊かな先輩2人(でも歳は僕が一番上)に導いてもらい無事、山行を終えることができました。
また、源次郎チームとのコラボでの山行となり、ワイワイガヤガヤ(キャンプ場で騒いだわけでない。)と3日間。楽しく過ごしてきました。
今回の山行の思い出は、八ッ峰上半を縦走できたこと共に一足先に劔沢のベースキャンプに戻った源次郎チームの皆さんが、いつ戻って来るやわからぬ我々を劒沢小屋近くまで出迎えてくださり、ゴールを称えていただいたこと。 神戸中央がまた好きになりました。

 
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:351人

コメント

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ