ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 5576766
全員に公開
ハイキング
霊仙・伊吹・藤原

秦川山〜押立山(宇曽川ダムから周回)

2023年06月04日(日) [日帰り]
 - 拍手
体力度
5
1泊以上が適当
GPS
08:25
距離
20.0km
登り
1,646m
下り
1,644m
歩くペース
速い
0.70.8
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
7:24
休憩
0:56
合計
8:20
7:32
7:33
35
8:08
8:18
51
9:09
9:10
33
9:43
9:52
35
10:27
10:27
13
10:40
10:49
23
12:25
12:26
9
13:04
13:04
85
14:29
14:44
13
14:57
14:57
19
15:21
15:22
26
15:48
15:50
1
15:51
ゴール地点
天候 晴れのち曇り
過去天気図(気象庁) 2023年06月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
コース状況/
危険箇所等
・山比古湧水公園駐車場〜秦川山
 落石が多い舗装路から離れて、秦川山へはほぼ作業道なので楽々進めます。
 草ボーボーですが。

・秦川山〜高取山
 秦川山登山道から高取山登山道までの道は、藪、痩せ尾根、急傾斜のアクティビティに加え、踏み跡や目印はありません。

・高取山〜八ツ尾山
 登山道は明瞭で危険な個所は無い。八ツ尾山手前は急傾斜。

・高取山〜向山〜巡視路分岐(山比古湧水公園下山口)
 道は明瞭。危険な個所は無し。

・巡視路分岐〜アカイシ
 目印はほとんど無いが道は明瞭。展望のない稜線歩き。

・アカイシ〜みつまた橋〜林道最高部
 アカイシからの下りは整備された登山道があり危険な個所は無い。
 みつまた橋から林道最高部までは舗装路&砂利道

・林道最高部〜押立山
 取付きの尾根は激登りと藪&イバラ。
 尾根上には踏み跡があったので、どこか別の場所に道があるのかも?

・押立山〜山比古湧水公園駐車場
 踏み跡は時々ある程度。目印もほぼ無い。
 地形も複雑な上に藪漕ぎもあるのでルートミスしやすいと思います。
 後半は鉄塔巡視路となり道は明瞭です。

※この山域の特徴なのかどうか分かりませんが、とにかくイバラが多い。しかも茎が太く長いものが多く、やたら絡み付いてきました。腕と脚はキズだらけ。
山比古湧水公園駐車場からスタート
ちょっと出遅れた・・・
2023年06月04日 07:28撮影 by  SC-51B, samsung
1
6/4 7:28
山比古湧水公園駐車場からスタート
ちょっと出遅れた・・・
親水公園
水量は多い方なのかな?
2023年06月04日 07:30撮影 by  SC-51B, samsung
1
6/4 7:30
親水公園
水量は多い方なのかな?
宇曽川ダム
2023年06月04日 07:39撮影 by  SC-51B, samsung
2
6/4 7:39
宇曽川ダム
土砂崩れ
2023年06月04日 07:50撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 7:50
土砂崩れ
ここから左の山に入ります。
2023年06月04日 07:53撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 7:53
ここから左の山に入ります。
藪漕ぎを覚悟していたけど、作業道があってラッキー
草ボーボーでしたが・・・
2023年06月04日 07:56撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 7:56
藪漕ぎを覚悟していたけど、作業道があってラッキー
草ボーボーでしたが・・・
作業道から離れて尾根を目指します。
2023年06月04日 08:01撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 8:01
作業道から離れて尾根を目指します。
秦川山への登山道に出ました。
2023年06月04日 08:03撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 8:03
秦川山への登山道に出ました。
しばらく歩くと秦川山山頂です。
周囲の眺望はありません。
2023年06月04日 08:07撮影 by  SC-51B, samsung
1
6/4 8:07
しばらく歩くと秦川山山頂です。
周囲の眺望はありません。
三角点もある
2023年06月04日 08:08撮影 by  SC-51B, samsung
1
6/4 8:08
三角点もある
来た道を戻って高取山へ向かいます。
水たまりの黒いモヤモヤはオタマジャクシの子供だった。
2023年06月04日 08:28撮影 by  SC-51B, samsung
1
6/4 8:28
来た道を戻って高取山へ向かいます。
水たまりの黒いモヤモヤはオタマジャクシの子供だった。
この分岐を間違って直進してしまいました。
正しくは左の尾根へ上がります。
2023年06月04日 08:29撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 8:29
この分岐を間違って直進してしまいました。
正しくは左の尾根へ上がります。
ここからしばらくは、荒れた道。
踏み跡はわずかにありますが、目印は少なく藪や瘦せ尾根あります。
2023年06月04日 08:33撮影 by  SC-51B, samsung
1
6/4 8:33
ここからしばらくは、荒れた道。
踏み跡はわずかにありますが、目印は少なく藪や瘦せ尾根あります。
今日の最終目的地、押立山が見える。
遠いな〜
2023年06月04日 08:37撮影 by  SC-51B, samsung
2
6/4 8:37
今日の最終目的地、押立山が見える。
遠いな〜
高取山登山道に出ました。
2023年06月04日 08:54撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 8:54
高取山登山道に出ました。
ここからは楽チン登山道♪
2023年06月04日 08:56撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 8:56
ここからは楽チン登山道♪
コアジサイがたくさん咲いていました。
2023年06月04日 08:57撮影 by  SC-51B, samsung
3
6/4 8:57
コアジサイがたくさん咲いていました。
おや?
展望台がある。
2023年06月04日 09:01撮影 by  SC-51B, samsung
2
6/4 9:01
おや?
展望台がある。
展望台からは開放感のある景色が眺めらる。
2023年06月04日 09:02撮影 by  SC-51B, samsung
6
6/4 9:02
展望台からは開放感のある景色が眺めらる。
比良山地アップ
2023年06月04日 09:03撮影 by  SC-51B, samsung
8
6/4 9:03
比良山地アップ
北に目をやると伊吹山の頭が見えました。
2023年06月04日 09:04撮影 by  SC-51B, samsung
6
6/4 9:04
北に目をやると伊吹山の頭が見えました。
良き展望台でした。
2023年06月04日 09:05撮影 by  SC-51B, samsung
4
6/4 9:05
良き展望台でした。
ゆるやかな坂を登っていくと、数分で高取山。
2023年06月04日 09:10撮影 by  SC-51B, samsung
2
6/4 9:10
ゆるやかな坂を登っていくと、数分で高取山。
八ツ尾山に向かいます。
2023年06月04日 09:26撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 9:26
八ツ尾山に向かいます。
複数の道が交差している。
2023年06月04日 09:29撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 9:29
複数の道が交差している。
前をかわいいリスがピョンピョンと跳ねて先導してくれます。
慌てて撮影するも、わずかに映ったのは尻尾だけ。
2023年06月04日 09:40撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 9:40
前をかわいいリスがピョンピョンと跳ねて先導してくれます。
慌てて撮影するも、わずかに映ったのは尻尾だけ。
八ツ尾山に到着
周囲の展望は無し
2023年06月04日 09:43撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 9:43
八ツ尾山に到着
周囲の展望は無し
南東方向に伸びる道もあります。
2023年06月04日 09:52撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 9:52
南東方向に伸びる道もあります。
三角点?と思いましたが違いました。
帰って調べたら測量で使う図根点というものらしいです。
2023年06月04日 10:17撮影 by  SC-51B, samsung
1
6/4 10:17
三角点?と思いましたが違いました。
帰って調べたら測量で使う図根点というものらしいです。
高取山に戻ってきました。
この先を左に曲がって向山へ
2023年06月04日 10:26撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 10:26
高取山に戻ってきました。
この先を左に曲がって向山へ
向山に到着
2023年06月04日 10:40撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 10:40
向山に到着
好展望地がありました。
2023年06月04日 10:51撮影 by  SC-51B, samsung
3
6/4 10:51
好展望地がありました。
先ほど言った八ツ尾山
奥には伊吹山と霊仙山
2023年06月04日 10:51撮影 by  SC-51B, samsung
3
6/4 10:51
先ほど言った八ツ尾山
奥には伊吹山と霊仙山
ズーム
2023年06月04日 10:51撮影 by  SC-51B, samsung
5
6/4 10:51
ズーム
道は明瞭
2023年06月04日 10:53撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 10:53
道は明瞭
向山(東峰)
2023年06月04日 10:54撮影 by  SC-51B, samsung
1
6/4 10:54
向山(東峰)
しばらくは下りが続く
2023年06月04日 11:04撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 11:04
しばらくは下りが続く
宇曽川ダムが見えた。
2023年06月04日 11:09撮影 by  SC-51B, samsung
1
6/4 11:09
宇曽川ダムが見えた。
巡視路分岐
右に曲がれば山比古湧水公園
2023年06月04日 11:12撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 11:12
巡視路分岐
右に曲がれば山比古湧水公園
送電線が延びている。
2023年06月04日 11:12撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 11:12
送電線が延びている。
この先に進みたいのだが、濃い藪とイバラに阻まれる。
左手の方へ回り込んで尾根に取り付きました。
2023年06月04日 11:13撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 11:13
この先に進みたいのだが、濃い藪とイバラに阻まれる。
左手の方へ回り込んで尾根に取り付きました。
2023年06月04日 11:38撮影 by  SC-51B, samsung
3
6/4 11:38
分岐点から先は目印や案内板は無く、草が生い茂る。
踏み跡はあります。
2023年06月04日 12:00撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 12:00
分岐点から先は目印や案内板は無く、草が生い茂る。
踏み跡はあります。
送電鉄塔
2023年06月04日 12:11撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 12:11
送電鉄塔
アカイシに到着
2023年06月04日 12:25撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 12:25
アカイシに到着
三角点
2023年06月04日 12:25撮影 by  SC-51B, samsung
1
6/4 12:25
三角点
突然、整備された道が現れた。
当初は南側の稜線を歩く予定だったが、水の残量が少なくなったので、一旦谷へ下りて水を補給することに。
2023年06月04日 12:37撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 12:37
突然、整備された道が現れた。
当初は南側の稜線を歩く予定だったが、水の残量が少なくなったので、一旦谷へ下りて水を補給することに。
林道まで降りてきました。
2023年06月04日 12:55撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 12:55
林道まで降りてきました。
みつまた橋を渡った所
南西に伸びる林道へ
2023年06月04日 13:05撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 13:05
みつまた橋を渡った所
南西に伸びる林道へ
舗装路を歩いて押立山に向かいます。
2023年06月04日 13:15撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 13:15
舗装路を歩いて押立山に向かいます。
朽ちた車
いすゞのトラック?
2023年06月04日 13:42撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 13:42
朽ちた車
いすゞのトラック?
林道の最高地点まで来ました。
林道は右に曲がって下り坂になっていました。どこに繋がってるんだろ?
2023年06月04日 13:45撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 13:45
林道の最高地点まで来ました。
林道は右に曲がって下り坂になっていました。どこに繋がってるんだろ?
砂防ダム横に道らしき跡があるが・・・
ダムの先を覗いてみると、ちょっとめんどくさそうな感じだったであきらめて・・・
2023年06月04日 13:47撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 13:47
砂防ダム横に道らしき跡があるが・・・
ダムの先を覗いてみると、ちょっとめんどくさそうな感じだったであきらめて・・・
ダム下流の丸木橋を渡って尾根に取り付きます。
2023年06月04日 13:46撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 13:46
ダム下流の丸木橋を渡って尾根に取り付きます。
尾根は急斜面である上に、目の前に藪がある。
2023年06月04日 13:53撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 13:53
尾根は急斜面である上に、目の前に藪がある。
藪に突っ込むと、イバラが体に巻き付いてなかなか進めず。
急斜面でイバラを引きはがしながら登ってゆく。
2023年06月04日 13:58撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 13:58
藪に突っ込むと、イバラが体に巻き付いてなかなか進めず。
急斜面でイバラを引きはがしながら登ってゆく。
急斜面を登ると傾斜が緩やかになった。
2023年06月04日 14:05撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 14:05
急斜面を登ると傾斜が緩やかになった。
なんか踏み跡もあるし人が歩いている感じ。
急斜面を登らなくてもどこかに登り口があったのかな?
2023年06月04日 14:18撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 14:18
なんか踏み跡もあるし人が歩いている感じ。
急斜面を登らなくてもどこかに登り口があったのかな?
押立山に到着。
もうクタクタ・・・
2023年06月04日 14:29撮影 by  SC-51B, samsung
1
6/4 14:29
押立山に到着。
もうクタクタ・・・
三角点もある。
2023年06月04日 14:29撮影 by  SC-51B, samsung
2
6/4 14:29
三角点もある。
周囲の展望はほぼナシ
2023年06月04日 14:43撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 14:43
周囲の展望はほぼナシ
帰りは北の尾根を下って、山比古湧水公園へ戻ります。
2023年06月04日 14:46撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 14:46
帰りは北の尾根を下って、山比古湧水公園へ戻ります。
踏み跡はほとんどなく、目印も無い。
2023年06月04日 14:57撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 14:57
踏み跡はほとんどなく、目印も無い。
林道がありました。
この後、林道から離れてしばらく藪歩きすると・・・
2023年06月04日 15:03撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 15:03
林道がありました。
この後、林道から離れてしばらく藪歩きすると・・・
また林道に出た。
さっきの林道とつながっているのかな?
2023年06月04日 15:11撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 15:11
また林道に出た。
さっきの林道とつながっているのかな?
林道から先は鉄塔巡視路となっているようで、踏み跡も明瞭になった。
2023年06月04日 15:20撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 15:20
林道から先は鉄塔巡視路となっているようで、踏み跡も明瞭になった。
送電線下を歩きます。
2023年06月04日 15:21撮影 by  SC-51B, samsung
1
6/4 15:21
送電線下を歩きます。
2023年06月04日 15:31撮影 by  SC-51B, samsung
4
6/4 15:31
送電線が延びる向かいの稜線は、今朝通った巡視路分岐(山比古湧水公園下山口)
2023年06月04日 15:33撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 15:33
送電線が延びる向かいの稜線は、今朝通った巡視路分岐(山比古湧水公園下山口)
尾根の最後はやっぱり藪になった。
鉄塔巡視路はどこ行った?
2023年06月04日 15:45撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 15:45
尾根の最後はやっぱり藪になった。
鉄塔巡視路はどこ行った?
巡視路は谷だったのか〜
2023年06月04日 15:47撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 15:47
巡視路は谷だったのか〜
駐車地トイレの裏に出てきました。
2023年06月04日 15:50撮影 by  SC-51B, samsung
6/4 15:50
駐車地トイレの裏に出てきました。

感想

本格的な梅雨はもう少し先かも?
数日前の天気予報(雨)から好転し、晴れ予報となったこの日、未踏の近江百山と鈴鹿300座を巡ることにしました。
予定していたルートは、宇曽川ダムから秦川山〜高取山〜八ツ尾山〜釈迦岳〜押立山の稜線を渡り歩くロングルート。

ただ、鈴鹿300座といえば眺望の無い地味な山ばかり。
登山道もあるかないか分からず、草木が生い茂るこの時期は適期じゃないだろうなと思いつつ、まぁなんとかなるでしょ。

っていうノリで親水公園からスタート。

順調に歩いて、秦川山に登頂。
他の方のレコを見て予想はしていたが、眺望の無い地味な山でした。
高取山へ向かう稜線は、目印や踏み跡がほとんど無く藪もある。
藪を突っ切り、GPSを見ながら進む方向を定めていく。
楽しくなってきた・・・♫

高取山登山道に出てからは、安全安心ハイク。
高取山、八ツ尾山、向山と順調に踏破したところで体調に異変が。

水分消費量が多くなり、体が重くて足が前に出ない。
ひょっとして熱中症だろうか?
歩くペースを落としてしばらく様子をうかがう。
ゆっくり歩けば特に問題はなさそうだ。

水は2リットル担いできたが、アカイシに到着した時点で70%くらい消費しており、予定ルートを歩くには足らないだろうと判断。
ルートを変更し、一旦みつまた橋方面の谷へ下り水を補給することにする。
水を補給したあと林道を下って駐車地へ帰ろうとも思ったが、時間はまだあり、しばらくペースを落として歩いたことで体調も少し回復したようだ。

やっぱり押立山へ行こう・・・

林道を登り、最短ルートで押立山を目指す。
林道の終点(最高地点)に着き、激登りの斜面を見上げて「こんな斜面登る人はいないだろうな〜」と思いつつ、尾根に取り付く。
斜面には藪が待ち構えており、しかもイバラミックスのスパルタVer.
藪に突っ込むとイバラが体に巻き付くので、バックしてはイバラを引き剥がし、踏みつけて乗越える。
それを繰り返してなんとか急登を登り切る事ができた。
(帰宅後ヤマレコでこのルートを通ったログを検索してみたら1件あった。ベジさんでした・・・流石です。)
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-2181269.html

なんとか押立山に登頂し、あとは下山のみ。
山比古湧水公園駐車場へ向かうこの尾根も曲者だった。
目印は無く、踏み跡は薄い。
地形は複雑で支尾根多数、藪で見通しが効かないところもあった。
GPSを見ながら注意深く下って行く。

林道に出会い、鉄塔巡視路に乗ってからは歩きやすくなった。
なんとか駐車地にたどりつき、車に積み残しておいた水1Lを一気に飲み干す。
久しぶりに「あ〜疲れた〜」と感じた山行であった。

やはり鈴鹿300座の山々は侮れない。
でもそこが楽しい。
まだまだ冒険が楽しめそうだ。


山中お会いした人は・・・0人
出会った動物達・・・リス×2匹
          大量のクモ(巣)
          ウリ坊×1頭
          ヘビ×1匹

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:430人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら