ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 698516
全員に公開
無雪期ピークハント/縦走
白馬・鹿島槍・五竜

白馬岳

2015年08月11日(火) ~ 2015年08月13日(木)
 - 拍手
体力度
4
1泊以上が適当
GPS
--:--
距離
18.4km
登り
2,427m
下り
1,887m
天候 1日目曇り、2日目晴れ、3日目雨のち曇り
過去天気図(気象庁) 2015年08月の天気図
アクセス
利用交通機関:
電車 バス タクシー
白馬駅
コース状況/
危険箇所等
大雪渓はアイゼン、ストックがあれば問題なし。小雪渓はアイゼンなしでも行ける。鑓温泉上部の鎖場は濡れているので慎重に。
猿倉から見た小蓮華山の方向
猿倉から見た小蓮華山の方向
イワギキョウ
オニシモツケ
白馬尻小屋へ到着
白馬尻小屋へ到着
大雪渓の始まり。
1
大雪渓の始まり。
落石がごろごろ
振り返るとアリの行列
1
振り返るとアリの行列
イワギキョウ
ハクサンコザクラ
1
ハクサンコザクラ
オタカラコウ?
よく見ると人が連なっています
1
よく見ると人が連なっています
ミヤマトリカブト
ミヤマトリカブト
シロウマタンポポ
1
シロウマタンポポ
タカネナデシコとオニシモツケ
1
タカネナデシコとオニシモツケ
シナノキンバイ
白馬岳が見えてきた
1
白馬岳が見えてきた
避難小屋
ハクサンイチゲ
シロウマタンポポ
1
シロウマタンポポ
オニシモツケ
オオウバユリ
子ザルが日向ぼっこ
子ザルが日向ぼっこ
シナノキンバイの群落
シナノキンバイの群落
イワギキョウ
クルマユリ
イワギキョウ
見事なお花畑
グリーンパトロールが親切な看板を持ってお花畑の側で監視していました
グリーンパトロールが親切な看板を持ってお花畑の側で監視していました
花が終わったジャコウソウ。ハーブの香りします
花が終わったジャコウソウ。ハーブの香りします
タカネナデシコ
ハクサンフウロ
ヨツバシオガマ
イワギキョウ
ハクサンコザクラ
ハクサンコザクラ
頂上宿舎に到着
旭岳の方向
白馬山頂の三角点にタッチ
1
白馬山頂の三角点にタッチ
栂池の方向です
山頂は大勢の人でした
山頂は大勢の人でした
がけ下から雲が湧いてきます
がけ下から雲が湧いてきます
丸山の方向です
白馬を開発した人の碑
白馬を開発した人の碑
チングルマの綿毛。コマクサはみなかった
チングルマの綿毛。コマクサはみなかった
チシマギキョウとチングルマの果穂
チシマギキョウとチングルマの果穂
ウサギギク
白馬山荘の夕食
朝の剣岳と左が立山
朝の剣岳と左が立山
白馬山荘を出発です
白馬山荘を出発です
もう一度剣岳
山荘に荷物を運ぶヘリがやってきた。風が強くヘリポートに近づけず何度かトライしていた
1
山荘に荷物を運ぶヘリがやってきた。風が強くヘリポートに近づけず何度かトライしていた
杓子岳と奥が白馬鑓ヶ岳
杓子岳と奥が白馬鑓ヶ岳
白馬岳を振り返る
1
白馬岳を振り返る
杓子岳と鑓ヶ岳
ランドマークの槍ヶ岳が見えます
ランドマークの槍ヶ岳が見えます
ハクサンコザクラ
1
ハクサンコザクラ
タカネナデシコ
杓子の頂上直下は砕石道でしんどかった
杓子の頂上直下は砕石道でしんどかった
栂池の方向
もう一度白馬岳
槍ヶ岳です
ようやく杓子の頂上に着きました
1
ようやく杓子の頂上に着きました
頂上から見る白馬岳
頂上から見る白馬岳
遠くに槍ヶ岳が望めます
遠くに槍ヶ岳が望めます
鑓ヶ岳の三角点にタッチ
鑓ヶ岳の三角点にタッチ
鑓ヶ岳山頂から見た白馬岳
鑓ヶ岳山頂から見た白馬岳
またまた槍ヶ岳
オニシモツケ
ウサギギク
シロウマアカバナ
シロウマアカバナ
シロウマオウギ
シロウマオウギ?とミヤマウイキョウ
シロウマオウギ?とミヤマウイキョウ
ウサギギクの群落
ウサギギクの群落
クルマユリとハクサンフウロとシナノキンバイ
クルマユリとハクサンフウロとシナノキンバイ
鑓温泉に下る道から杓子岳を望む
1
鑓温泉に下る道から杓子岳を望む
両手が使えるようにストックを仕舞え、という案内
両手が使えるようにストックを仕舞え、という案内
ニッコウキスゲ?
1
ニッコウキスゲ?
鑓温泉小屋が見えてきた
1
鑓温泉小屋が見えてきた
シナノキンバイ
ニッコウキスゲ
ハクサンシャジン
ハクサンシャジン
小屋に到着
アカバナシモツケソウ
アカバナシモツケソウ
ホタルブクロ
きれいな花でみとれた。ハクサンシャジン
きれいな花でみとれた。ハクサンシャジン
下山口に着きました。お疲れさん
1
下山口に着きました。お疲れさん

感想

 雨に降られたのは3日目の鑓温泉小屋出発から2時間ほど、あとは晴れまたは曇り空で素晴らしい眺望と高山植物、温泉を堪能できた。いい山旅だった。
 何年ぶりかで10本爪のアイゼンを使い、大雪渓はサクサクと快調だった。
 体力的にきついのは大雪渓が終わってから稜線に乗るまでの2時間ほど、足場が悪いうえ急登が続くが花に癒された。杓子岳の頂上直下も急登と砂利道で結構なアルバイトになった。
 技術的には、鑓温泉上部の鎖場が滑りやすく、慎重な行動が必要だ。10日ほど前、滑落死亡事故が起きたと聞いた。
 鑓温泉の露天風呂では、女性登山者が水着姿で次々入ってきた。男性の視線などどこ吹く風といった風情がよろしかった。
 ルート図がおかしいのは、白馬山頂へは白馬小屋にザックをデポしサブザックに代えた際、GPSを入れ忘れてしまった。あと、下りの途中で切れているのは電池が完全になくなり、予備を持っていなかった。不覚だ。
 猿倉から白馬駅まではバスよりタクシーを相乗りした方が早くて安い。運転手が「八方の湯」の割引券までくれた。
 来年夏、また白馬を訪れてみたい。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:538人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

ハイキング 白馬・鹿島槍・五竜 [2日]
猿倉〜大雪渓(秋道)〜白馬山頂〜白馬鑓温泉〜猿倉
利用交通機関: 車・バイク、 電車・バス、 タクシー
技術レベル
3/5
体力レベル
4/5

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら