また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

土石流(どせきりゅう) / 山津波

最終更新:2016-05-16 20:59 - gutenmrgen
基本情報
山腹が崩壊して生じた土石等又は渓流の土石等が水と一体となって流下する自然現象

山の解説 - [出典:Wikipedia]

土石流(どせきりゅう、英名:Debris flow)とは、土石が河川の水と混合して、河川・渓流などを流下する現象のこと。渓流沿いで発生する土砂災害の代表的なものである。山津波(やまつなみ)、鉄砲水泥流ともいう。
山津波という別名は地すべりを指す意味で使う人もおり、土石流と地すべり(英:landslide)はしばしば混同される。どちらも大量の土砂が水の作用で動く現象であるが、土石流が渓流の地表水で動かされて生じる現象に対し、地すべりは地下水の作用で土砂が動かされるという点で異なる現象である。
地質学で用いられる斜面変動の分類はD.J.ヴァーンズによる分類が基礎となっている。B.W.ピプキンとD.D.トレントによる斜面変動の分類では、移動速度の非常に速い流動(flow)のうち、岩石の流動を岩なだれ(rock avalanche)、粗粒土の流動を土石流(debris flow)、細粒土の流動を泥流(mud flow)に分類している
「土石流」は1916年に諸戸北郎がドイツ語Murgangの訳語として創案したとみられる。1975年に「土石流」が一般語になる以前は、「山津波」が代表的な用語であり、この他、1960年から土砂害、1977年から土砂災害(山地災害)という用語も用いられるようになった。
日本の法令上は「土石流」について「山腹が崩壊して生じた土石等又は渓流の土石等が水と一体となって流下する自然現象」と定義されている。
文献にない土石流・泥流の痕跡を把握する方法として、地質層の上下関係の年代が逆転していないかを調査することで、発生したエリアと年代を特定することができる。

「土石流」 に関連する記録(最新3件)

阿蘇・九重
  58    13 
2022年08月09日(日帰り)
富士・御坂
  196    10 
2022年08月07日(2日間)
阿蘇・九重
  43    33  4 
2022年08月08日(日帰り)
ページの先頭へ