ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

オオムラサキ(おおむらさき)

最終更新:2022-08-04 20:52 - jj1xgo
基本情報
羽を広げると10cm以上になる日本最大のタテハ蝶で、雄は羽の表側が美しい紫色に輝く。九州から北海道までのほぼ日本全土に生息しているが、都市化が進み,雑木林が少なくなってきた事で現在では生息地が局地的で少なくなってきている。普通のチョウのように「ひらひら」とは飛ばず、はばたきが機敏で滑空するような飛び方をする。飛翔の速度は速い。

関連する写真リスト

オオムラサキ
オオムラサキ
オオムラサキ
オオムラサキ!
オオムラサキ?

山の解説 - [出典:Wikipedia]

オオムラサキ(大紫、)は、チョウ目(鱗翅目)タテハチョウ科に分類されるチョウの1種。日本の国蝶。
本種は最初に日本で発見され(種の基産地は神奈川県)、属名の は佐々木忠次郎に献名された。

山の動物の用語

アオゲラ アオジ アオダイショウ アオバト アカゲラ アカショウビン アキアカネ アサギマダラ アトリ アナグマ アブ アマガエル アマゴ アユ イカル イソヒヨドリ イタチ イヌワシ イノシシ イモリ イワツバメ 岩魚 イワヒバリ ウグイス ウソ ウトウ エゾシマリス エゾハルゼミ エゾリス エナガ オオアカゲラ オオカミ オオタカ オオムラサキ オオルリ オコジョ オジロワシ オニヤンマ カケス カッコウ カナブン カナヘビ カブトムシ カモシカ カラスアゲハ カワセミ カワラヒワ キジ キタキツネ キタテハ キツネ キビタキ キョン ギフチョウ ギンヤンマ クジャクチョウ クマ クマタカ クマバチ クロアゲハ クロジ コウモリ コガラ コゲラ コノハズク コマドリ コルリ ゴジュウカラ サル サンコウチョウ サンショウウオ シカ シジュウカラ シマヘビ シロマダラ ジムグリ ジョウビタキ スズメバチ スミナガシ ソウシチョウ タキタロウ タヌキ チョウゲンボウ ツキノワグマ ツクツクボウシ テン テングチョウ トノサマガエル トビ ナキウサギ ナミアゲハ ニジマス ニホントカゲ ノウサギ ノスリ ノビタキ ハクビシン ハチクマ ハヤブサ ヒオドシチョウ ヒガラ ヒキガエル ヒグマ ヒグラシ ヒバカリ ヒバゴン ヒメネズミ ヒョウモンチョウ ブッポウソウ ブヨ ベニマシコ ホシガラス ホンドギツネ マヒワ マムシ マルハナバチ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツバチ ミンミンゼミ ムササビ メジロ モグラ モズ モモンガ モリアオガエル ヤクシカ 野犬 ヤマアカガエル ヤマカガシ ヤマガラ ヤマセミ ヤマドリ ヤマネ ヤマビル 山女魚 ヨタカ ライチョウ リス ルリタテハ ルリビタキ

「オオムラサキ」 に関連する記録(最新3件)

奥武蔵
00:422.4km186m1
  12    39 
2024年07月22日(日帰り)
富士・御坂
  43   20  5 
2024年07月21日(日帰り)
京都・北摂
03:5311.4km671m2
  44    20 
マルヒコ, その他1人
2024年07月21日(日帰り)