また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

コノハズク(このはずく)

最終更新:2022-08-06 17:34 - jj1xgo
基本情報
全長約20cm。日本最小のフクロウ。北海道と本州に分布し、北海道など緯度の高い地域では平地の森でも見ることが出来るが、本州南部地域では深い山の中でしか観察出来ない。夜行性でネズミなどの小動物や蛾・蜘蛛といった昆虫を捕食する。古来より夜に「ブッ・ポウ・ソウ」と聞こえる鳴き声の主はブッポウソウだと信じられてきたが、ブッポウソウの命名から1000年以上過ぎた1935年に「ブッ・ポウ・ソウ」と鳴いていたのはコノハズクであった事が判明した。

関連する写真リスト

コノハズク?
街路灯にコノハズク。
コノハズク、見てみたい
コノハズク 見てみたい!
コノハズクのオブジェもいます(^^)

山の解説 - [出典:Wikipedia]

コノハズク木葉木菟木葉梟、学名 : Otus scops)とは鳥綱フクロウ目フクロウ科に分類されるフクロウである。愛知県の県鳥に指定されている。

山の動物の用語

アオゲラ アオダイショウ アオバト アカゲラ アカショウビン アキアカネ アサギマダラ アナグマ アブ アマガエル アマゴ イソヒヨドリ イタチ イヌワシ イモリ イワツバメ 岩魚 イワヒバリ ウグイス ウソ ウトウ エゾシマリス エゾハルゼミ エゾリス エナガ オオカミ オオタカ オオムラサキ オオルリ オコジョ オジロワシ オニヤンマ カケス カッコウ カナブン カナヘビ カブトムシ カモシカ カラスアゲハ カワセミ キジ キタキツネ キタテハ キツネ キビタキ キョン ギフチョウ ギンヤンマ クジャクチョウ クマタカ クマバチ クロアゲハ クロジ コウモリ コゲラ コノハズク コマドリ コルリ サンコウチョウ サンショウウオ 鹿 シジュウカラ シマヘビ ジョウビタキ スズメバチ スミナガシ ソウシチョウ タヌキ チョウゲンボウ ツキノワグマ ツクツクボウシ テン テングチョウ トノサマガエル トビ ナキウサギ ナミアゲハ ニホントカゲ ノウサギ ノスリ ノビタキ ハクビシン ハチクマ ハヤブサ ヒオドシチョウ ヒキガエル ヒグマ ヒグラシ ヒバカリ ヒバゴン ヒメネズミ ヒョウモンチョウ ブッポウソウ ブヨ ホシガラス ホンドギツネ マムシ マルハナバチ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツバチ ミンミンゼミ ムササビ メジロ モグラ モモンガ モリアオガエル ヤクシカ 野犬 ヤマアカガエル ヤマカガシ ヤマセミ ヤマドリ ヤマネ ヤマビル 山女魚 ライチョウ リス ルリタテハ ルリビタキ

「コノハズク」 に関連する記録(最新3件)

奥秩父
  65     46  9 
2022年09月03日(日帰り)
支笏・洞爺
  25    42 
2022年07月24日(2日間)
東海
  13    7 
2022年05月31日(日帰り)
ページの先頭へ