また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

ハクビシン(はくびしん)

最終更新:2015-04-16 22:30 - gutenmrgen
基本情報
ネコ目(食肉目)ジャコウネコ科に属する動物。その名の通り、額から鼻にかけて白い線があることが特徴。多くは海抜200 - 1000mの低山の山林に生息する。見た目の似ているタヌキやアナグマと違い木登りが得意である。

関連する写真リスト

ハクビシンか?
蔵王・面白山・船形山 2022年05月21日 戸神山
どうやらハクビシンみたいです
こいつはハクビシンかなにか?
15:01 ハクビシンに出会う。
ハクビシンが罠にかかっていました。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ハクビシン白鼻芯:)は、ジャコウネコ科ハクビシン属に分類される食肉類。本種のみでハクビシン属を構成する。その名の通り、額から鼻にかけて白い線があることが特徴である。
日本に生息する唯一のジャコウネコ科の哺乳類で、外来種であることは分かっているが移入時期については意見が分かれている(後述)。

山の動物の用語

アオダイショウ アオバト アカゲラ アカショウビン アキアカネ アサギマダラ アナグマ アブ アマガエル アマゴ イソヒヨドリ イタチ イノシシ 岩魚 イワヒバリ ウグイス ウソ ウトウ エゾシマリス エゾハルゼミ エゾリス オオムラサキ オオルリ オコジョ オニヤンマ カケス カナブン カナヘビ カモシカ カラスアゲハ カワセミ キジ キタキツネ キタテハ キツネ キビタキ キョン ギフチョウ クジャクチョウ クマ クマバチ クロアゲハ クロジ コウモリ コノハズク サンコウチョウ サンショウウオ シマヘビ ジョウビタキ スズメバチ スミナガシ ソウシチョウ タヌキ チョウゲンボウ ツキノワグマ ツクツクボウシ テン テングチョウ ニホントカゲ トノサマガエル トビ ナキウサギ ナミアゲハ ニホンオオカミ ニホンジカ ノウサギ ノビタキ ハクビシン ヒオドシチョウ ヒキガエル ヒグマ ヒグラシ ヒバカリ ヒバゴン ヒメネズミ ヒョウモンチョウ ブッポウソウ ブヨ ホシガラス ホンドギツネ マムシ ミサゴ ミソサザイ ミンミンゼミ ムササビ メジロ モグラ モモンガ モリアオガエル ヤクシカ 野犬 ヤマアカガエル ヤマカガシ ヤマセミ ヤマドリ ヤマネ ヤマビル 山女魚 ライチョウ 栗鼠 ルリタテハ ルリビタキ

「ハクビシン」 に関連する記録(最新3件)

奥秩父
  30    28  3 
2022年08月11日(日帰り)
四国
  10    19 
2022年08月07日(日帰り)
東海
  7    6 
2022年07月30日(日帰り)
ページの先頭へ