また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

アナグマ(あなぐま)

最終更新:2017-10-09 10:58 - YUKI-USAGI
基本情報
イタチ科の哺乳類。タヌキと混同されることが多いが、爪が長く、吻が突出する点などで外観が異なる。山林に生息し、掘った穴の中に住む。地域によっては「ムジナ」と呼ばれる。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ニホンアナグマMeles anakuma)は、食肉目イタチ科アナグマ属に分類される食肉類。


指は前肢、後肢ともに5本あり、親指はほかの4本の指から離れていて、爪は鋭い。体型はずんぐりしている。

食性はタヌキとほとんど同じである。特にミミズやコガネムシの幼虫を好み、土を掘り出して食べる。

巣穴は自分で掘る。

ため糞をする習性があるが、タヌキのような大規模なものではなく、規模は小さい。

本種は擬死(狸寝入り)をし、薄目を開けて動かずにいる。
古くから日本ではタヌキ、ハクビシンなどとともにムジナ(貉、狢)と呼ぶ。

山の動物の用語

アオダイショウ アオバト アカゲラ アカショウビン アキアカネ アサギマダラ アナグマ アブ アマガエル アマゴ イソヒヨドリ イタチ イノシシ 岩魚 イワヒバリ ウグイス ウソ ウトウ エゾシマリス エゾハルゼミ エゾリス オオムラサキ オオルリ オコジョ オニヤンマ カケス カナブン カナヘビ カモシカ カラスアゲハ カワセミ キジ キタキツネ キタテハ キツネ キビタキ キョン ギフチョウ クジャクチョウ クマ クマバチ クロアゲハ クロジ コウモリ コノハズク サンコウチョウ サンショウウオ シマヘビ ジョウビタキ スズメバチ スミナガシ ソウシチョウ タヌキ チョウゲンボウ ツキノワグマ ツクツクボウシ テン テングチョウ ニホントカゲ トノサマガエル トビ ナキウサギ ナミアゲハ ニホンオオカミ ニホンジカ ノウサギ ノビタキ ハクビシン ヒオドシチョウ ヒキガエル ヒグマ ヒグラシ ヒバカリ ヒバゴン ヒメネズミ ヒョウモンチョウ ブッポウソウ ブヨ ホシガラス ホンドギツネ マムシ ミサゴ ミソサザイ ミンミンゼミ ムササビ メジロ モグラ モモンガ モリアオガエル ヤクシカ 野犬 ヤマアカガエル ヤマカガシ ヤマセミ ヤマドリ ヤマネ ヤマビル 山女魚 ライチョウ 栗鼠 ルリタテハ ルリビタキ

「アナグマ」 に関連する記録(最新3件)

霊仙・伊吹・藤原
  9    8 
taka-slash, その他1人
2022年08月12日(日帰り)
九州・沖縄
  14    8 
2022年08月11日(日帰り)
日光・那須・筑波
  55   7 
2022年08月10日(日帰り)
ページの先頭へ