ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

ギンヤンマ(ぎんやんま) / 銀蜻蜓

最終更新:2022-09-11 13:22 - jj1xgo
基本情報
オニヤンマと並んで広く分布する大型のトンボ。 体長は7cm前後、翅長は5cm前後ほど。鮮やかな草色の体と、腹部の前にある青い胸部の外殻が特徴。飛行性昆虫としては最も優れた飛行能力を持つ生物の一つであり、特に飛行速度は平均時速60km、種によっては最大時速100kmという、恐るべき速力を有している。
以前は、1mほどの糸の両端に重りをつけたものをギンヤンマの近くに投げ、重りを餌と勘違いして近づいてきたギンヤンマが糸に絡まり落ちてくるという、通称「トンボ釣り」という遊びが関東から九州までの広い範囲で行われていた。

関連する写真リスト

ギンヤンマ
ギンヤンマ?
ギンヤンマのランデブー飛行。
ギンヤンマのようなトンボが産卵中
こちらは立派な×:とんぼう。ギンヤンマかな。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

ギンヤンマ(銀蜻蜓、Anax parthenope)は、蜻蛉目(トンボ目)・ヤンマ科に分類されるトンボの一種。日本では全国に広く分布し、ヤンマ類の中ではよく見られる種類である。

山の動物の用語

アオゲラ アオジ アオダイショウ アオバト アカゲラ アカショウビン アキアカネ アサギマダラ アトリ アナグマ アブ アマガエル アマゴ アユ イカル イソヒヨドリ イタチ イヌワシ イノシシ イモリ イワツバメ 岩魚 イワヒバリ ウグイス ウソ ウトウ エゾシマリス エゾハルゼミ エゾリス エナガ オオアカゲラ オオカミ オオタカ オオムラサキ オオルリ オコジョ オジロワシ オニヤンマ カケス カッコウ カナブン カナヘビ カブトムシ カモシカ カラスアゲハ カワセミ カワラヒワ キジ キタキツネ キタテハ キツネ キビタキ キョン ギフチョウ ギンヤンマ クジャクチョウ クマ クマタカ クマバチ クロアゲハ クロジ コウモリ コガラ コゲラ コノハズク コマドリ コルリ ゴジュウカラ サル サンコウチョウ サンショウウオ シカ シジュウカラ シマヘビ シロマダラ ジムグリ ジョウビタキ スズメバチ スミナガシ ソウシチョウ タキタロウ タヌキ チョウゲンボウ ツキノワグマ ツクツクボウシ テン テングチョウ トノサマガエル トビ ナキウサギ ナミアゲハ ニジマス ニホントカゲ ノウサギ ノスリ ノビタキ ハクビシン ハチクマ ハヤブサ ヒオドシチョウ ヒガラ ヒキガエル ヒグマ ヒグラシ ヒバカリ ヒバゴン ヒメネズミ ヒョウモンチョウ ブッポウソウ ブヨ ベニマシコ ホシガラス ホンドギツネ マヒワ マムシ マルハナバチ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツバチ ミンミンゼミ ムササビ メジロ モグラ モズ モモンガ モリアオガエル ヤクシカ 野犬 ヤマアカガエル ヤマカガシ ヤマガラ ヤマセミ ヤマドリ ヤマネ ヤマビル 山女魚 ヨタカ ライチョウ リス ルリタテハ ルリビタキ

「ギンヤンマ」 に関連する記録(最新3件)

六甲・摩耶・有馬
03:317.3km69m1
  72    27 
マルヒコ, その他1人
2024年07月13日(日帰り)
中国
01:211.9km7m1
  33     23  3 
2024年06月16日(日帰り)
中国
02:125.8km219m1
  30     99  2 
2024年05月27日(日帰り)