また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

キタキツネ(きたきつね)

最終更新:2014-10-20 16:34 - tomoe
基本情報
北海道の平地から高山帯まで、広く生息

山の解説 - [出典:Wikipedia]

キタキツネ(北狐、Vulpes vulpes schrencki)は、北半球に広く分布するアカギツネの亜種。日本では北海道・樺太および周辺島嶼に生息する。
名称「北狐」(きたきつね)は、1924年(大正13年)に岸田久吉が樺太に生息する本種に対して命名したものだが、その後に北海道と千島列島南部に生息する本種も「北狐」と呼称されるようになった。アイヌ語ではチロンヌ??(cironnup)、スマリ(sumari)、キモッペ(kimotpe)、フレ??(hurep)などの名称がある。
1978年(昭和53年)公開のドキュメンタリー映画『キタキツネ物語』でよく知られるようになった。

山の動物の用語

アオダイショウ アオバト アカゲラ アカショウビン アキアカネ アサギマダラ アナグマ アブ アマガエル アマゴ イソヒヨドリ イタチ イノシシ 岩魚 イワヒバリ ウグイス ウソ ウトウ エゾシマリス エゾハルゼミ エゾリス オオムラサキ オオルリ オコジョ オニヤンマ カケス カナブン カナヘビ カモシカ カラスアゲハ カワセミ キジ キタキツネ キタテハ キツネ キビタキ キョン ギフチョウ クジャクチョウ クマ クマバチ クロアゲハ クロジ コウモリ コノハズク サンコウチョウ サンショウウオ シマヘビ ジョウビタキ スズメバチ スミナガシ ソウシチョウ タヌキ チョウゲンボウ ツキノワグマ ツクツクボウシ テン テングチョウ ニホントカゲ トノサマガエル トビ ナキウサギ ナミアゲハ ニホンオオカミ ニホンジカ ノウサギ ノビタキ ハクビシン ヒオドシチョウ ヒキガエル ヒグマ ヒグラシ ヒバカリ ヒバゴン ヒメネズミ ヒョウモンチョウ ブッポウソウ ブヨ ホシガラス ホンドギツネ マムシ ミサゴ ミソサザイ ミンミンゼミ ムササビ メジロ モグラ モモンガ モリアオガエル ヤクシカ 野犬 ヤマアカガエル ヤマカガシ ヤマセミ ヤマドリ ヤマネ ヤマビル 山女魚 ライチョウ 栗鼠 ルリタテハ ルリビタキ

「キタキツネ」 に関連する記録(最新3件)

十勝連峰
  30    15  2 
2022年08月11日(日帰り)
十勝連峰
  20    5 
2022年08月08日(日帰り)
大雪山
  63     26 
2022年08月07日(日帰り)
ページの先頭へ