ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

エゾハルゼミ(えぞはるぜみ)

最終更新:2022-08-04 09:32 - jj1xgo
基本情報
名前に「エゾ」が付くが、北海道から九州まで全国に分布する蝉。春から初夏にかけて発生する。北海道では平地で見られるが、東北地方では低山地、関東地方以西では標高1000m以上の山地(主にブナ帯)で見られる。「ミョーキン・ミョーキン…ミョーケケケケ…」という独特な声で鳴き、合唱音は「ケケケケ…」の部分(主鳴音)がカエルの合唱のようにも聞こえる。逆光で本種を見ると、光が透過して腹部がオレンジ色に光って見える。

関連する写真リスト

エゾハルゼミ
エゾハルゼミ。
エゾハルゼミ・・
手乗りエゾハルゼミ
志賀・草津・四阿山・浅間 2023年06月08日 米子大瀑布
エゾハルゼミ熱唱中

山の解説 - [出典:Wikipedia]

エゾハルゼミ(蝦夷春蝉、蝦夷春?、学名:Yezoterpnosia nigricosta (Motschulsky,1866))は、カメムシ目(半翅目)セミ科ハルゼミ属に分類されるセミの一種。特徴的な鳴き声を持つ小型のセミで、ブナ林などの落葉広葉樹林に生息する。

山の動物の用語

アオゲラ アオジ アオダイショウ アオバト アカゲラ アカショウビン アキアカネ アサギマダラ アトリ アナグマ アブ アマガエル アマゴ アユ イカル イソヒヨドリ イタチ イヌワシ イノシシ イモリ イワツバメ 岩魚 イワヒバリ ウグイス ウソ ウトウ エゾシマリス エゾハルゼミ エゾリス エナガ オオアカゲラ オオカミ オオタカ オオムラサキ オオルリ オコジョ オジロワシ オニヤンマ カケス カッコウ カナブン カナヘビ カブトムシ カモシカ カラスアゲハ カワセミ カワラヒワ キジ キタキツネ キタテハ キツネ キビタキ キョン ギフチョウ ギンヤンマ クジャクチョウ クマ クマタカ クマバチ クロアゲハ クロジ コウモリ コガラ コゲラ コノハズク コマドリ コルリ ゴジュウカラ サル サンコウチョウ サンショウウオ シカ シジュウカラ シマヘビ シロマダラ ジムグリ ジョウビタキ スズメバチ スミナガシ ソウシチョウ タキタロウ タヌキ チョウゲンボウ ツキノワグマ ツクツクボウシ テン テングチョウ トノサマガエル トビ ナキウサギ ナミアゲハ ニジマス ニホントカゲ ノウサギ ノスリ ノビタキ ハクビシン ハチクマ ハヤブサ ヒオドシチョウ ヒガラ ヒキガエル ヒグマ ヒグラシ ヒバカリ ヒバゴン ヒメネズミ ヒョウモンチョウ ブッポウソウ ブヨ ベニマシコ ホシガラス ホンドギツネ マヒワ マムシ マルハナバチ ミコアイサ ミサゴ ミソサザイ ミツバチ ミンミンゼミ ムササビ メジロ モグラ モズ モモンガ モリアオガエル ヤクシカ 野犬 ヤマアカガエル ヤマカガシ ヤマガラ ヤマセミ ヤマドリ ヤマネ ヤマビル 山女魚 ヨタカ ライチョウ リス ルリタテハ ルリビタキ

「エゾハルゼミ」 に関連する記録(最新3件)

御在所・鎌ヶ岳
   1 
2024年07月07日(日帰り)
甲斐駒・北岳
19:4028.2km3,324m8
  150    27 
キャニオン, その他1人
2024年07月08日(3日間)
中国山地東部
03:317.5km473m2
  29    18 
Machapuchare, その他1人
2024年07月07日(日帰り)