また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

馬頭観音(ばとうかんのん) / めづかんのん

最終更新:2015-08-08 15:10 - Honoca
基本情報
馬頭観音は、仏教における信仰対象である菩薩の一尊。観音菩薩の変化身(へんげしん)の1つであり、いわゆる「六観音」の一尊にも数えられている。

ヤマレコ等で言う馬頭観音はモータリゼーション以前の、生活・流通の道(旧街道・廃道・峠)、芝先(馬捨場)でよく見られる”馬の供養塔”である馬頭観音碑を指すことが一般的だろう。
近世以降は国内の流通が活発化し、馬が移動や荷運びの手段として使われることが多くなった。これに伴い馬が急死した路傍などに馬頭観音が多く祀られ、動物への供養塔としての意味合いが強くなっていった。

「観音のビジュアル」が彫られた碑ほど仏教的な要素が強く、「馬頭観世音」の文字だけが彫られた碑は、多くが愛馬への供養として祀られたものである。
千葉県地方では馬に跨った馬頭観音像が多く見られる。

「馬頭観音」 に関連する記録(最新3件)

東北
  94    5 
2022年07月02日(日帰り)
奥武蔵
  8    6 
2022年07月02日(日帰り)
ページの先頭へ