また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

道祖神(どうそしん・どうそじん)

最終更新:2015-10-11 18:00 - Honoca
基本情報
悪霊や疫病の侵入を防いだり、旅の安全や子孫繁栄を守る神である。
集落の境・峠・辻などに石碑の形態で祀られることが多い。

石碑に、文字だけで”道祖神”と刻まれることもあれば、単身や夫婦の人形(ひとがた)を彫ったものもある。

東北へ旅立ちの準備をする、松尾芭蕉のおくの細道序文にも叙情豊かに登場する。
(以下引用)
月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。舟の上に生涯をうかべ馬の口とらえて老をむかふる物は、日々旅にして 、旅を栖とす。古人も多く旅に死せるあり。予もいづれの年よりか、片雲の風にさそはれて、漂泊の 思ひやまず、海浜にさすらへ、去年の秋江上の破屋に蜘の古巣をはらひて、や ゝ年も暮、春立る霞の空に、白川の関こえんと、そヾろ神の物につきて心をくるはせ、道祖神*のまねきにあひて取もの手につかず、もゝ引の破をつヾり、笠の緒付かえて、三里に灸すゆるより、松島の月先心にかゝりて、住る方は人に譲り、杉風が別所に移るに、
  草の戸も 住替る代ぞ ひなの家
面八句を庵の柱にかけ置く。

「道祖神」 に関連する記録(最新3件)

関東
  20    55 
2022年07月03日(日帰り)
志賀・草津・四阿山・浅間
  45    3 
2022年07月01日(2日間)
槍・穂高・乗鞍
  72     33  6 
2022年07月02日(日帰り)
ページの先頭へ