また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

高山病(こうざんびょう) / 高度障害

最終更新:2020-03-01 18:45 - yoshiki01
基本情報
低酸素状態に置かれたときに発生する症候群。高山では空気が地上と比べて薄いため、体質や体格などにより発症に個人差はあるが、概ね2400メートル以上の高山に登って酸欠状態に陥いると、さまざまな症状が現れる。

高山病に陥りやすい状況として、一般に以下のことが言われている。
・寝不足や疲労がたまった状態での登山
・いっきに高度を上げるような行程やオーバーペース
・肥満ぎみの人は適正体重の人に比べて高山病になりやすい
・天気が悪い日は気圧が低くなる(=高度が擬似的に高くなる)ので、さらに高山病になりやすい
・呼吸器や心臓に疾患のある 人や貧血ぎみの人

関連する写真リスト

ひとり高山病
高山病の気配
みんなで高山病対策
で、始めての高山病
めっちゃ高山病中・・・

山の解説 - [出典:Wikipedia]

高山病(こうざんびょう、altitude sickness)とは、低酸素状態に置かれたときに発生する症候群。最近では(熱射病や日射病という病名が、より病態を表現した「熱中症」と呼称変更されたように)「高度障害」と呼ぶ場合も多い。
高山では空気が地上と比べて薄いため、概ね2400メートル以上の高山に登り酸欠状態に陥った場合に、さまざまな症状が現れる。
主な症状は、頭痛、吐き気、嘔吐、眠気(めまい)である。他に、顔や手足のむくみ、眠気やあくびなどの睡眠障害、運動失調、低圧と消化器官の機能低下からくる放屁などが現れることもある。低酸素状態において数時間で発症し、一般には1日後 - 数日後には自然消失する。しかし、重症の場合は高地脳浮腫(High-Altitude Cerebral Edema; HACE)や高地肺水腫(High-Altitude Pulmonary Edema; HAPE)を起こし、死亡に至ることもある。

「高山病」 に関連する記録(最新3件)

道北・利尻
  52    7 
2022年06月30日(日帰り)
東海
  21   9 
satoumm, その他4人
2022年07月03日(日帰り)
富士・御坂
   
hiyoshimune, その他3人
1992年08月08日(日帰り)
ページの先頭へ