また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

シラタマノキ(しらたまのき) / シロモノ

最終更新:2020-12-23 17:06 - odan-go
基本情報
ツツジ科シラタマノキ属
常緑小低木

花期は7-8月で、釣鐘型の花を咲かす。
果実(木の実)は食用可能。
匂いが強く、サロメチール臭(湿布臭)がする。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

シラタマノキ(白玉の木、学名:Gaultheria pyroloides Hook.f. & Thomson ex Miq.)はツツジ科の常緑小低木。同属のアカモノの果実は赤く、本種は白い果実をつけることから別名シロモノと呼ばれることもある。
中部以北の亜高山帯以上の草地等、比較的乾燥した場所に生える。高さは30cm程度。葉は互生し、鋸歯を持つ楕円形で3cm程度の大きさ。
花期は7-8月で、5mm程度のドウダンツツジのような釣鐘型の花をつける。花の先端はつぼまり、5裂し、裂片は反り返る。
9月頃、萼が肥大して果実を覆い、白い玉状になることからシラタマノキの和名がある。果実は甘味はあるがサリチル酸の臭いがするため生食には向かず、果実酒にされる。

山の植物の用語

アオノツガザクラ アキノキリンソウ アケビ アズマイチゲ アセビ イカリソウ イタヤカエデ イナトウヒレン イヌシデ イロハモミジ イワインチン イワウチワ イワカガミ イワツメグサ イワベンケイ ウサギギク ウスバサイシン ウスユキソウ ウメバチソウ ウルップソウ オカトラノオ 翁草 オサバグサ オンタデ カシワバハグマ カタクリ カッコソウ カツラ カラマツ カラマツソウ キオン キタダケソウ キツリフネ キバナシャクナゲ キンラン ギンラン ギンリョウソウ クガイソウ クマザサ クモマグサ クリ クリンソウ クロベ クロヤツシロラン クロユリ クワガタソウ ケヤキ ゲンノショウコ 高山植物 コウヤボウキ コウリンカ コオニユリ コケモモ コバノコゴメグサ コマクサ ゴゼンタチバナ サギソウ ササバギンラン ササユリ サザンカ サラサドウダン サワギク サワグルミ サワラ サンカヨウ 座禅草 シオジ シナノキ シナノキンバイ シャクナゲ シュロソウ 白樺 シラタマノキ シラネアオイ シラビソ シロウマアサツキ シロバナヘビイチゴ ジュウニヒトエ スギ ズダヤクシュ 節分草 センノキ 千振 ソバナ タカネナデシコ タニウツギ タマガワホトトギス タマゴタケ タラノキ ダケカンバ チゴユリ チチブコウ チングルマ ツガザクラ ツクモグサ ツバキ ツユクサ ツリガネニンジン ツリフネソウ ツルリンドウ トウヤクリンドウ トチノキ トモエソウ トリカブト ナデシコ ナナカマド ニガナ ニッコウキスゲ ニョホウチドリ ネコノメソウ ハイマツ ハクサンイチゲ ハクサンチドリ ハクサンフウロ ハシリドコロ ハナイカリ ハナネコノメ バイカオウレン バイケイソウ バンダイクワガタ ヒトツバカエデ ヒトリシズカ ヒノキ ヒメサユリ ふきのとう フクジュソウ フシグロセンノウ フジアザミ フタリシズカ ブナ ホオノキ ホタルブクロ ホテイラン 舞茸 マイヅルソウ マツムシソウ マムシグサ マルバダケブキ ミズナラ 水芭蕉 ミツガシワ ミツバツツジ ミツマタ ミネズオウ ミヤマキリシマ ミヤマキンポウゲ ミヤマシャジン ミヤマダイコンソウ ミヤマバイケイソウ ミヤマママコナ モミ モミジ ヤツタカネアザミ ヤドリギ ヤナギラン ヤマザクラ ヤマジノホトトギス ヤマトリカブト ヤマブキ ヤマブキソウ ヤマホトトギス ヤマユリ ヤマルリソウ ヨゴレネコノメソウ ヨツバシオガマ リンドウ レンゲショウマ

「シラタマノキ」 に関連する記録(最新3件)

志賀・草津・四阿山・浅間
  60    13 
2022年08月08日(日帰り)
妙高・戸隠・雨飾
  96    166  16 
yamaonse, その他1人
2022年08月07日(日帰り)
蔵王・面白山・船形山
  67    26  2 
2022年08月06日(日帰り)
ページの先頭へ